リーダーとしての役割

私の仕事のポジションはインターナショナルホステスといって、母国語プラス各国のお客様のサポートをするのがメインです。
メインランゲージ(イタリア、フランス、ドイツ、スペイン、英語)の他、お客様の集客状況によってはマイノリティランゲージ(日本語、ロシア語、中国語、韓国語、トルコ語、ギリシャ語など)担当が配属されます。
今回のチームはイタリア語を除く(イタリア語ホステスは通常いません、フロントスタッフのほとんどがイタリア人なのでそっちに行けという話)、計8名でした。

ある日我々のオフィスに行くと、こんなものが貼ってありました。
a0287461_15014450.jpg
上の人から私たちへの連絡事項があると、全員にいちいち電話するのは大変なので、この順番でメッセージを回して行け。というお達しです。
げっ!一番にメッセージを受け取るのが私かいな。とビックリしましたが、このお達しが出た時点で総勢8人の中で私が一番長くこの会社に勤めているんで仕方ない。と割り切りました。
でもメッセージのバトンだけじゃなく、毎週次のクルーズのお客様リストが出ると、各言語ごとに何人のお客様がいるかの詳細を出したり、日々のルーティンワークの他にエキストラの仕事が発生すると私に連絡が来て、誰か人を送ってくれだの、乗船時のウェルカム(入口に立ってお客様をお迎えする)を誰がやるか決めたり、今回は契約途中に我々の配属がフロントに変わったのでフロント業務も加わり、何時から何時まで誰がフロント業務をするかのスケジュールも作り、下船或いは誕生日の同僚のプレゼント買いやパーティーの企画、且つ仲間内で言い争いや喧嘩が発生すると双方の話を聞いて平和的解決の方向に持って行ったりと、実に様々なことをやってきました。
特にスペイン人と英語担当の子が割とよく喧嘩してたので、英語担当の子からは今でもよくグチメールが届きます。笑
そんなことをやってたからなんでしょうね、私が下船した後も、のりこがいれば、、、とみんながしょっちゅう言ってます、スペイン人は相変わらず私が恋しいらしく、でも彼の携帯が壊れて連絡が取れない状態だったので船内携帯から私に電話しようと言ってた(不可能)と日本人の同僚の子からメールが来ました。笑
今までやってなかったことをやらされたので、今回は特にみんなを引っ張っていかなくちゃいけない役目だったので余計心に残る契約でした。

みんな、ちゃんとやってるかなあ。と気になるのは、この役目を担うことで生まれた母性本能なんでしょうかねえ。笑

by smilenory | 2015-09-01 14:54 | クルーズライフ

気がつけばイタリア在住16年!イタリアのクルーズ船で働きながら、思ったことを綴っています
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31