人気ブログランキング |

無事戻ってきました

気がついたら、挨拶もせず出発してしまい、大変失礼いたしました。m(__)m
無事、3回目となる日本チャーターを終了し、その後船が韓国チャーター2本、それから10月まで中国チャーターしかないことが判明し

「いる意味ないじゃん?」

と、契約は9月末までだったのですが、上司(クルーズディレクター)に相談して本社のジェノバにかけあってもらったら、あっさり下船許可が降りて6月1日に長崎で下船して3日にイタリアに着きました。

今回、行きも帰りも初のヨーロッパのエアライン以外のものでした。
行きが、予約はエアフラで取ってあるものの、使用機材は大○航空。
ビビンバ美味しかったです。
ただびっくりしたのが、トイレ横の非常座席の真ん中(超満席)に座っていたのですが、毎回トイレから人が出てくるたびに待ち伏せしていた客室乗務員がトイレに入り、清掃と消臭スプレーを撒く、という

「そこまでやる必要あるのん?」

疑問に思う風景を目にしたり。
いや、親切でいいんですが、次のトイレ待ちの人がすぐにトイレに入れないから渋滞が出来てるんですよ。苦笑
ただ、日本チャーターが終わった後、ロッテの韓国チャーター2本やって、暇な私はいろんなところに応援にいかされたんですけれども、すいません、韓国人が1000人以上いると

臭いです。

船内が猛烈なキムチ発酵臭で包まれてました。比較的大きな劇場でも、ホールも、どこもかしこもキムチの体内で発酵した臭いっつーんですかね、その独特な臭いがして、本当強烈でした。
イタちゃんは耐えられず、多数の精神的死者が船内ででましたね。笑

なので、○韓航空の客室乗務員が、一人トイレから出てくるたびに必死になって掃除し消臭スプレーまいてたのも、船に乗って韓国チャーターやってなるほど納得。と思った次第です。

そして帰りの便。
急に決まった下船&帰国だったので仕方ないとは思いますが、まさかの中国東○航空。
長崎で下船して長崎で一泊したあと、お昼に長崎から上海に飛んで、11時間30分も待ち時間があって(待ってる間にヨーロッパのどっかの都市につけるがな)、しかもパリ経由で、パリで一旦スーツケースを受け取って下さい、という前代未聞の言葉を耳にして

へっ!? チェックインができないのは理解できますけど、普通スーツケースは最終目的地まで送られるでしょう?途中でスーツケースを取るなんて聞いた事ない!!

日本語(長崎空港でしたから)で文句言えることもあり、思いっきりチェックインカウンターで噛み付きました、私。笑

「いや、あの中国とフランスの間で協定が組まれてないので、パリでスーツケースは一旦お受け取りいただきます」

と申し訳なさそうに係員が言うので

「えっ中国だからっていう理由なの!全く迷惑しちゃう、中国のエアラインなんか取るなっつーの会社!!」

と中国○方航空の係員を目の前にこんな悪態をついてしまう私は、もう日本人じゃありませんね。苦笑
しかもファーストクラスラウンジの使用も(そもそも上海空港にはそんなものなかった)、ショートステイのホテルの手配もしないっつーんで、本当この航空界社この世から消えてくれ。と思いました。コラコラ

結局、上海到着後は空港内をウロウロしたんですけど、とてもとても11時間30分も時間潰せそうになかったので、ターミナルでホテル斡旋してる人にお願いして自分でショートステイ手配しました。
次回会社に請求する!
これ、結果的に大成功でした。
ここで休憩してなかったら、パリまで生きて到着できなかったかもしれない。

だってだって機内もそりゃー「典型的中国人」だらけで、私通路側に座ってたんですが、シートベルト着用のサインも消えてないのに勝手にウロウロし始めて、通路を挟んだ向こう側の人と喋るために通路に立って、私の顔の横でシャツの中に手を入れて背中ぼりぼりかいたり、人が通るたびガンガンぶつかってこられ、もしかして通路側に私はみだしすぎ?と思って気持ち内側によって座ってても、相変わらずぶつかってこられる。これ、客室乗務員も同じなんですよ。ありえねー

かの国の人達は、たとえ右横に100平方メートルのスペースがあっても、わざと左に行き人にぶつからないと前に進めない人種

と思う事にしました。苦笑

ちなみに、12時間30分のフライト中、一度もシートベルト着用のサインが消える事はありませんでした。
席から離れるなっつーこと?笑
もちろん、中国人乗客の多数は、まだ水平飛行に入ってない段階から機内をウロウロしてました。
そして、機内食は貧相でまずく、今まで食した中では堂々の世界一入り。本当にまずかったです。ほとんど食べてません。
最後の食事は私だけとばしてサーブされました。(まずいからいらないのでいいんですが)
トイレには6個の消臭剤が吊るされており、うち一つは、通気口から出る風が直接当たるように施されており、ここまでしないとトイレが臭くて使い物にならないんだろうな、とか
着陸前、客室乗務員が充電してた私のiPhoneのUSBケーブルを何の断りもなく引っこ抜いていって、ああ、この国の人達は本当に終わっている。人様の物に手を触れるときは、必ず一言断りをいれるのが常識ってもんだろうに。あーでも、かの国の人達に常識何て言葉ないない、まず人間のレベルに到達してないんだから。

といろいろ思う事があり、二度と中国東○航空には死んでも乗るまい。と思ったのでした。
って飛行機は会社が手配するので選択権はないのですが、中国○方航空に乗って目的地まで行かなきゃならないことが今後発生した場合は、船への乗船自体を拒否するつもりです。

そのくらいひどかった、いや航空界社として運営してはならないレベルです。
いや、乗客を中国人だけにして、他国には絶対販売しないとか、そのくらいして欲しいですね。怒

無事にパリに着いたからいいとするか、、、、

でも(怒)、総重量46Kgの2個のスーツケースもってバスでターミナル移動しなくちゃならなかったときは、泣けましたね。罰ゲームか?、と途方に暮れて移動しましたよ。
ま、でも上海ショートステイのおかげで、いつもの長時間フライトの後にでる頭痛がなかった分、サクサク動けました。

愚痴ばっかりでごめんなさい。
ここではかないと次ぎに進めない。笑

ってことで、クルーズ回想録に入るとしましょうかね〜♥️
by smilenory | 2014-06-07 01:33 | 私のひとりごと

気がつけばイタリア在住16年!イタリアのクルーズ船で働きながら、思ったことを綴っています
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30