悪夢の済州島と高知

更新できるうちに更新しておきます。
次回のチャーター(呼ばれない事を祈るのみ)のための覚え書きみたいなものなので、ご興味ない方はすっ飛ばして下さい。笑

チャーターつまずき編その2です。
済州島が強風につき、私らが入港予定の埠頭に、出港できないスタークルーズがいたせいで海の真ん中で船は停まり、待機状態。
いつ入港できるのか、いやそもそも済州島に着港できるのか分からないため、その状況を船内放送で繰り返して言うも、ほとんど放送が聞こえず、そのため混乱を引きおこしてしまいました。
予定より2時間遅れで何とか入港できたものの、オプショナルツアーに行く方、自由行動取る方が出口に殺到。でもオプショナルツアー参加者を優先して(所要時間がありますからね)下船させてたら、自由行動のお客様達からブーイング。
そりゃそうだ
自由行動のお客様たちは、階段に座り込んで待機。
うわー申し訳ない。
強風とか台風とか天候理由は不可抗力ですが、自然をも変えて何が何でも予定通りに進む日本国で暮らす方々にはイタリア流
「仕方ないじゃなーい」
は当然通用せず。
これは何とか方法を変えねばな。と思った事でした。

そんな我々を更なる悲劇が襲います。
初寄港地•高知です。
激しい干潮のため、予定していた出口が3階から5階に変更になり、5階の出口は1つしかないのでまたも人が殺到して長蛇の列となり立ったままお待たせしてしまったので、怒号が飛びまくる。
本当にすみません!と私はひたすら謝っていたのですが、お客様達、私には絶対怒鳴らないんです。
顔が売れたから?
「チャーターの責任者だせ!ただで済むと思ってるのか!何だ、この段取りの悪さは!!」

あー、あのー、そもそもこれは船側のお客様への的確な誘導が欠けていたために引き起こしたのであって、チャーター側には何の責任もありませんし負もありませんのです。
と言おうにも、チャーター側のスタッフ(30人ほど乗船)が平身低頭で対応されており、私がクビを突っ込むチャンスもなく。
結局全てのお客様が下船されるのに2時間強かかりました。

参りました。日本人がこんなに怒り狂って叫ぶ光景なんて、生まれて初めて見ましたよ。
高知と聞くとあの悪夢の状況が頭に浮かんで、ぞっとします。
CDと本当、途方にくれた高知でした。

このドタバタ劇が終了してから、港に物産展が出店してあったのでCDと見に行ってゲットしたもの。
a0287461_1124838.jpg


試食で食べた、かつおの生節が美味しかった〜。
結局食べる機会がなく、真空パックごとCDに世話になったお礼に渡してきました。

そうそう、チャーター時の救世主•CDはこちら↓↓↓↓
a0287461_1161547.jpg

まだ平和だった長崎の回転寿司屋での一幕

なかなか男前でしょ?
私より一回りも下ですが、しっかりしてるし頭の回転は早いし、行動もついでに早いし、学習能力もある、国宝級のイタリア人だと思います。
今回は更に全面的に私たち日本人ホステス2名を徹底してかばって守ってくれました。
ただ言いたい事は歯に衣を着せず発言しちゃうので、敵も作りやすいのが玉にキズ。
チャーター時はあまりにも忙しくてゆっくり喋ってる時間がなかったので、お互いジェノバに住んでるから、下船してジェノバにいる時期が重なったらゆっくり飯でも食って語り合おうぜ。と約束しております。
いつになることやら、、、、
[PR]
by smilenory | 2013-05-22 01:39 | クルーズライフ

気がつけばイタリア在住16年!イタリアのクルーズ船で働きながら、思ったことを綴っています
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30