予想を超えてしまったこと

ヘルシンキからです。無事到着しました。
9時間ちょっとのフライトだと体が疲れなくていいですね。
しかも飛ぶ前にスッチーさんが
「前の席空いてるんで、移られてはどうです?」
とあまりにも嬉しいことを仰って下さり、2席ですがまるまる使って意識不明の重体状態で眠りこけてました。笑

さて今回のチャータークルーズ、事前に予想できなかったのが日本人のし好。
テレビで放映されたビンゴ、実は始まる前に大ハプニングがあって焦ってバタバタして走り回って(だから化粧がはげた)大変だったのでした。
その大ハプニングとは、、、、ビンゴの参加者が500人を超え、ビンゴカード買うための行列が船の先頭から後方までずらーーーーっと連なってしまったこと。
ちょっと早めに会場に様子見に行ったら、予想せぬ長蛇の列の展開に泡を吹いた私。
これじゃ予定していた会場じゃ全然入りきれないよ。
とガーンとなってたら、これまた様子を見に来てくれた、今回のチャーターにおける私の救世主•クルーズディレクター(以下CDと略)も
「これはあり得ない」
とありえない光景を前に呆然。
でも呆然としてる場合じゃないですから、2回に分けてやるか、とりあえず会場は劇場に移さないと入りきれないし、ううううううーーーーとチャーターのつまずきその1の幕開け。

4000人収容の大型船だって、ビンゴやる人ってせいぜい40人いればいいほうなんです。
その半分の収容の中型船に、しかも日本人が500人もビンゴにやってくるなんて、本当に想像できなかった。
完敗です。苦笑
仕方ないので会場を劇場に移します、すみません!とアナウンスしたらブーイングの嵐。しかも予定開始時間から何と40分も遅れてビンゴは始まりました。ビンゴカード買う方を待っていたからです。夕食の時間が迫っていたので2回に分けてやるというのは事実上不可能だったのでした。

当然、お客様たちからは段取りが悪いと文句言われましたね。

しかし蓋を開けてみない事には分からない事だって沢山あるんです。
お許しくださいませ。
しかし日本人に赦す心を持った人は少ない


この経験を機に、ビンゴカードは朝から販売して時間通りに始めることに作戦変更。
日本人ってビンゴ好きなのね〜。と痛感。
[PR]
by smilenory | 2013-05-22 01:39 | クルーズライフ

気がつけばイタリア在住16年!イタリアのクルーズ船で働きながら、思ったことを綴っています
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31