イタちゃんの英語力

今回はお客さんだったので、乗船時に義務づけられている国際海事法に乗っ取った避難訓練に参加しました。
参加しないとずっと呼び出しがかかるのでね。汗

避難訓練時に各言語でアナウンスを入れるのが私の仕事でもあるわけですが、今回はお客さんなので救命胴衣つけて立ったままひたすらアナウンスを聞いていました。

クルーズディレクターによっては、最初にイタリア語でやっちゃうとその後他の言語のアナウンスの時イタリア人が喋ってうるさくてクレームになるから一番最後にやる、という信念の人もいるんですけど、今回はご多分に漏れずイタリア語が一番最初でした。
なので、イタリア語の放送が終わってしまうと、イタリア人たちのおしゃべりの大合唱。苦笑
他言語の放送なんて分からんし関係ないから、どうでもいいという態度がはっきり出てましたね。
そうか、こういうことか。と実感する。笑

イタリア語の後は、イタリア人に続いて乗客数の多いフランス語、時々耳にするドイツ語、そして
「え、いるの?」
のスペイン語圏乗客を対象にしたスペイン語、そして最後が英語でした。

英語圏のお客さんと一度も船で遭遇してなかったので、もしかしてこの英語の放送は我々日本人のためか?
だったら必要ないからやんなくていいのにね。英語じゃ却ってわかんねーし。
コラコラ
とガイドのマイコちゃんとこっちもおしゃべりしながら、ひたすら5カ国で繰り広げられるアナウンスをじっと我慢の子で耐えながら聞いておりました。
アナウンスの長さに
「こんなアナウンスの間に、船が沈んじゃうよ!」
と叫びだすイタリア人も。
船はそんな簡単に沈まないですってば。苦笑

最後、英語のアナウンスが終わってやっと避難訓練終了。
飛行機が無事着陸した時と同じように、イタリア人から拍手喝采が起こる。笑
そしてあるご婦人が
「中国? 韓国?。。。日本???」
と言う声が聞こえてきたので、一瞬我々の国籍当てをしているのかと思ったら、何と!
最後に行われたアナウンスが何語だったのかということを周りの人に聞いていたのです。

唖然

英語といやー、今や世界の共通語ですぜ?
その英語を聞いても何語か判断できないとな?

ま、ヨーロッパの英語教育がスタートしたのは他の国より大分遅れてからと聞いてますからね、、、
内容は理解しなくても、それでも何語かっつーくらいの知識はあるもんだと思ってました。

いやはや。クルーズにやってくるご年配イタリア人の英語力がいい感じでない。ということが分かって、新たな発見をした思いでした。笑
[PR]
by smilenory | 2013-03-10 18:04 | プチバカンス

気がつけばイタリア在住16年!イタリアのクルーズ船で働きながら、思ったことを綴っています
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30