ばかばかばかばか私のバカ

a0287461_814943.jpg


今回、行きの飛行機がチャーターだったんです。チャーターのため出発がローマで、会社的には勝手にローマに来い的姿勢だったものですから、ジェノバーローマ間は自分でアホタリアの国内線を手配しました。

ジェノバの空港でチェックインした時
「実はローマで同じアホタリアのチャーターに乗るんですけど、荷物はローマで一旦取らなきゃだめですかね、それとも最終目的地まで行きますかね?」
とカウンターのオネエサンに聞いたら
「あら、またこのチャーターのお客さんがいる!」
と言って上の人か何かに電話し始めました。予約が2つあったら混乱するわな。
てことで何とか荷物もスルーで、搭乗券も最終目的地まで出ました♡

ローマ行き飛行機に搭乗する時に、スーツケースのクレームタグがジェノバーローマの搭乗券の裏に貼られている事に気がつき、普通ローマーシャルムエルシェイク間の搭乗券の裏に貼るんじゃない?と思いながらも大して気にも止めず、飛行機に乗りました。
別段、超早朝フライトでも何でもなかったんですけれども、旅行気分で浮かれていたのか、思考回路が停止したのか、ボケはいつもの事なのか、
「いらないモノはどんどん捨てなくちゃ。」
とジェノバーローマ間のEチケット印刷したやつと、何と!!クレームタグが貼られているジェノバーローマの搭乗券を目の前に設置してあるゴミ袋に捨てて、そのまま置いてきてしまったのです。

大変なことをやっちまった。と気がついたと時は国内線のアホタリアから降りて、シャルムエルシェイク行きのフィウミチーノ空港のゲートに着いてから。

スーツケースさえ無事に出てくれば何て事はないわけですが、万が一スーツケースが出てこなかったら、クレームタグなしでどうやってレポート作ってもらえばいいの?
と真剣に焦り&途方に暮れましたね。

ただ私はラッキーなことに、添乗員時代からロスバゲというものに一度も遭遇したことがないので、自分の強運を信じるしかない、と自分に言い聞かせて約4時間のフライトを乗り切りました。笑
気が気じゃなかった

そしてシャルムエルシェイク空港。
丁度祈りの時間にぶちあたって(祈ってるのが見える)、入国審査のブースが2つしか開いてなかったのと、同じ時間にチャーター便がわんさか到着して、さしずめ元旦の明治神宮並みの人で溢れ返りそれはそれはすごいことになっていましたが、何とか入国審査を終え、祈る気持ちでターンテーブルに。

ガイドのマイコちゃんのスーツケースはとっとと出てきました。
が、あちきのは全然出てくる気配なし。

Orz
わしの運もここまでか

と諦めかけたとき、見慣れた赤いスーツケースが出てきました♡

良かった〜

いや本当に、久しぶりに安心しました。笑
私のロスバゲ未経験記録は更に更新されたことになります。
それもすごい

神様、ありがとう♡
次回から絶対、気をつけます!!
[PR]
by smilenory | 2013-03-10 09:23 | プチバカンス

気がつけばイタリア在住16年!イタリアのクルーズ船で働きながら、思ったことを綴っています
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31