着物は日本の心

今回、お正月クルーズの時に116名の日本人のお客様をお迎えしたので、大晦日のフォーマルナイト及びカウントダウンの時は着物を着ました。

着物を着る数日前から頭で帯の結び方をあれやこれやと思い出していたんですけど、当日着物着て帯と格闘しているときにルッソが酒もって私のキャビンにいきなり来てですね。怒
とりあえず何とか結んで、やってきたルッソとキャビンメイトの英語ホステスの子と3人でちょっと早い新年を祝って乾杯し(カウントダウンの際は我々は船内の各ラウンジに待機せねばならず一緒に新年を迎える事ができなかったため)、集合場所へと向かったのですが、やーっぱり帯がしっくりこなくてですね。
で、私は仕事中にも拘らず一旦キャビンに戻って(コラコラ)、船内の超高いwifi に接続しyou tubeを開け2重お太鼓結びをチェックして、ようやく帯をきちんと結べました。涙

中国人客が多かったので、着物を見てもしらーっとされましたが、ヨーロッパのお客様にはキモノ、キモノと喜んでもらえました。

ただね、私が着物を着たのは他でもない、私の愛しい愛しい日本人のお客様のためなんですけど、、、、笑

クルーズが終わり、クルーズの最後にお客様に配られるアンケート(お客様は記入を終え既に投函済み)をコンピューターでチェックしてたら、

「日本人乗務員の方が今回着物を着てらっしゃってて、日本人として非常に誇らしかったです。感心しました。」

ととあるお客様が書いていらしてて、、、

あーちゃんと見ていてくださってたんだー!!
こういう言葉、本当に嬉しいんですよね。着物着てよかった、この仕事しててよかったー。と痛感する瞬間です。
船の高いwifiに繋いだ甲斐もあったわー って

着物を持って行くと荷物がかさばるし重くなるので、特に飛行機での移動があるときはエクセス払いたくないし毎回どうしようかなーと考えるんですけど、喜んでいただけるお客様がいらっしゃるなら毎回持って行かなくちゃだわ。
と単純な私は心に固く決心したのでした。

次は北欧で(あ、その前に日本チャーターがあるか、、、)夏でも寒いですからね、着物にはお供してもらうことにします。

日本チャーター時には長崎に寄港するので、両親が私に会いにくる予定でいるみたいなので、去年の里帰りの時に持って帰って来れなかった着物を持ってきてもらおうかな。
しかしコペンハーゲンまでのフライトで重量オーバーになる可能性もあり 涙
[PR]
by smilenory | 2013-01-31 03:01 | クルーズライフ

気がつけばイタリア在住16年!イタリアのクルーズ船で働きながら、思ったことを綴っています
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31