人気ブログランキング |

ヒンズー教徒に乗っ取られたクルーズ

思い出話は終わったと思ってたら、まだ書き足したいことが見つかりました。笑

12月の頭から21日間、何と世界のヒンズー教徒約400人(もっといたかも)が乗船してきてですね。
船の1サロンが完全に彼らだけのものになり(他のお客様立ち入り厳禁)、その他劇場やしょぼいディスコも彼らの催し物が行われる時だけ一時的に貸し切りなるなど、この時期に乗船されたお客様には非常に申し訳ない状態が続きました。

一番クレームしたのはドイツ人客で、通常料金支払ってるのに船の全部の施設を使えないなんて返金対象だ!(ごもっともです)とゴネにゴネて、同僚のドイツ人ホステスはクレームの処理、レポートに毎日てんやわんやでした。

我が日本のお客様からもこのヒンズー教徒に対してもちろんクレームは出ました。
お話聞いてビックリしたのが、お客様が一人でいると、必ずヒンズー教徒が近づいてきて、瞑想やヨガに参加しないか?と勧誘され続けた、ということ。

それはまずいでしょう。汗

私もすぐ直属の上司であるクルーズディレクターに、日本人でさえもこのヒンズー教徒にクレームしてる。とすぐ報告しましたけどね。
ただ我々船上の人間は、乗船してくるお客様のケアのみで予約部門にはタッチできないので、受け入れた会社を怨んでも、船上の同僚に罪はなし。
ただひたすらこいつら(ヒンズー)が下船するのを指折り数えて待つのみの状態でした。涙

しっかし。
山のような中国人もさることながら、オレンジ色の法衣着て船内をうろつく多くの群衆を目の当たりにするというのも、クルーズの雰囲気をぶちこわし品質低下に貢献してるな、とつくづく思いました。

教祖にあたるっぽい人(オウム真理教でいう麻原彰晃的人物 例えが悪すぎてスミマセン)は若いのに眼光も鋭く、浅黒い肌になかなか男前。な人だったのですが、この教祖の足に口づけできる(オエー)、船上に集まった教徒だけの特権@一人あたり600ユーロ(金取るんですな)、とかの事前の打ち合わせなしの突然振って涌いた催し物の追加に、上の人間が東奔西走していたのは言うまでもありません。
お客様のみならず、我々も立派な被害者だったわけです。涙

ヒンズー教徒様たちが下船していかれた時、我々が万歳三唱したのは言うまでもありません。笑

教祖が下船するときに、クルーズディレクターに感謝の気持ちを込めて、ペンダントヘッドに笑顔の教祖の写真入りロザリオみたいなものをプレゼントしていかれてですね。爆
このロザリオはその後、我々が会議をするたびに

「我々は神のご加護を受けているのよ〜 ほれほれほれ〜」

とクルーズディレクターがロザリオをふりかざしていました。大和田獏

捨てんかいな、そんなもん!!! とホステス一同ロザリオに対してクレーム。笑
クルーズディレクターはそれでも頑固に捨てず、オフィスの一部に装飾品として飾ってましたね。

もしロザリオが力を発揮するとすれば、、、、2000人以上の中国人客が人間のレベルまでに達するようお導き頂くのに役立ててほしいですね。

••••ま、無駄でしょうけどね。苦笑
by smilenory | 2013-01-23 17:49 | クルーズライフ

気がつけばイタリア在住16年!イタリアのクルーズ船で働きながら、思ったことを綴っています
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30