シークレットサンタ

船乗り生活が始まってからというもの、クリスマスと正月は常に船の上で迎えてます。
今回のクルーズディレクターに
「今回で3回目、クリスマスと正月を船の上で迎える〜」
とほざいたら、
「クリスマスと正月? Forget about it!!」
と一笑されました。笑

さてどの船でもそうなんですが、クリスマスはシークレットサンタといって、クルーの名前が書かれた紙をくじ引き方式で引いて、予算を決めてくじで引いたクルー宛にプレゼントを買ってクリスマス当日誰が誰のプレゼントを買ったかということを告白してプレゼントを渡す、という行事をやってます。

今回ももちろん、シークレットサンタは健在でした。
でくじ引きするためにみんなでホステスオフィスに集まり、袋に入れられた同僚の名前入りの紙切れを引いていったんですね。みんなそれぞれ自分がプレゼントを買わなくちゃならない相手を確認すると無言でニヤリ。
ところがこのシークレットサンタ初体験のルッソは、紙を引いて中を確認したとき
「わー! 僕はのりこにプレゼント買うんだー!!」
と私に向かってみんなの前で大声で言うもんですから、我々はまず唖然となり、そしてフレンチホストが
「シークレットなんだから、当日まで誰にプレゼント贈るか言っちゃダメなんだよ! ダメダメ、紙返して。もう1回引き直し!」

ルッソ、、、、シークレットの意味が分かってなさすぎる。
くじを引き直したルッソは、さすがにその後無言でしたけど。苦笑

さて当日。
今回のクルーズディレクターは本当にいい人で、我が国日本とロシアを除くアジア航路に乗船するヨーロッパ、シンガポールのお客様のアンケートの結果がぱっとせず苦戦しているというのにもかかわらず、クリスマスイブの夕食は船のメインレストランでみんなで一緒にご飯を食べていいよと言ってくれ、船内新聞の翻訳が終わって印刷に回したところで、我々は一目散にレストランに向かうことになってました。

この日は終日航海でフォーマルナイト、船長主催ウェルカムガラカクテルパーティーもあったので、我々お客様のおもてなしをするホスト/ホステスたちは1部、2部に別れたカクテルパーティーやって、1部と2部のパーティーの間に印刷室に駆け込んで船内新聞翻訳せねばならず、バタバタの夜だったのですが、1部のカクテルパーティーが始まるちょっと前にルッソから電話がかかってきて、僕のキャビンに来いといいます。
「? いいけど?」
私のキャビンから5軒離れたルッソのキャビンをノックすると
「ちがうちがう、僕が君のキャビンに行くから、キャビンで待っててくれない?」
この時の会話はルッソが私にイタリア語で話しかけてきたのですが、いかんせんposso, puoiの使い方が分かってないため、意思の疎通が全然取れていなかったのでした。笑

で、私のキャビンで待つこと数分。
ドアをノックする音が聞こえたので開けると、ルッソが笑顔いっぱいで入ってきて
「クリスマス、おめでとう〜」
といってプレゼントを渡すではないですか。
実は船内スパイ(笑)からの情報で、ルッソが私のシークレットサンタだってことを知っていたので、シークレットサンタ以外にプレゼント買ってたの?と私は驚愕、だって実は私はルッソのシークレットサンタだったんですが、これ以外に何も買ってなかったんですもの〜。とちょっと焦りましたが、プレゼントは↓
a0287461_1934941.jpg

写真はないですが、ゲスの同色のでっかいピアスももらった
で、私は香港で10ユーロで買った(安すぎ)の白いチャイナドレスを着ており、色的にも合うし、このハートは僕の心だから今夜はずっとつけてて欲しいと懇願されたため(苦笑)、言われるままつけました。

そしてガラパーティー第1部が終わったところでルッソがコソコソ近づいてきて
「実はさっきあげたプレゼント、シークレットサンタのプレゼントだったんだ、、、プレゼント交換をみんなの前でやるってこと知らなくて先に渡しちゃった、、、」

苦笑。君は本当にシークレットサンタのシステムを理解していなかったのだね。
また箱に戻すのも、ウェルカムカクテルパーティーの時につけてるし同僚たちも
「このネックレスいいね〜」
と褒めてくれてるから、ブツは見られてるので、みんなには正直に、先に貰った。と言うから。
ってことで一件落着。
私は私で、シークレットサンタ以外にルッソにプレゼント買わなくていいことが分かってホッ。

お食事の時の様子です。
a0287461_19483763.jpg

a0287461_19491485.jpg

a0287461_19495914.jpg

ルッソの口がとんがってます 笑

私は自分がルッソのシークレットサンタだってことを誰にも言わずに黙っていたので、ルッソは自分がプレゼントを貰うまでは私がシークレットサンタだってことを知らず。
私らはお互いにプレゼントを交換したわけです。笑
私は予算通り、ルッソに似合いそうなブランドもののTシャツをあげて終わったんですけどね。笑
ルッソからのプレゼントは明らかに予算オーバーで、誕生日もあったし何か買おうと思い、最悪香港の空港で何か見つかればなと考えていたんですけれども、いかんせん前出の通り最後の最後までルッソが離れなかったのでチャンスを逃し、何も買わずに終わってしまいました。
ま、縁があればまた次回の契約で一緒に仕事することもあるだろうから、その時までお預けです。

それにしても楽しいシークレットサンタとクリスマスディナーの夜でした。
プレゼント交換って盛り上がりますね〜。

それにしても今回の船の思い出を振り返ると、ルッソばっかり登場してますね。
そのくらいルッソといる時間が長かったということで、ご了承くださいませ。苦笑 m(__)m
[PR]
by smilenory | 2013-01-20 19:56 | クルーズライフ

気がつけばイタリア在住16年!イタリアのクルーズ船で働きながら、思ったことを綴っています
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31