①はあっちに、②はこっちに。笑

はーるばる来たでアヲスタ~♪の第2弾は、エキサイトブログからお送りします。

2日目は、滞在先から近いモンブランのお膝元・クーレマイユールに行ってまいりました。

a0287461_6342653.jpg


クーレマイユールの町並みなど。
a0287461_6351170.jpg


a0287461_636143.jpg


モンブランの氷河です
a0287461_636343.jpg


a0287461_6371763.jpg


クーレマイユールの街をウロウロしていたら、見つけたかわいい容器に入ったキノコ
a0287461_6374518.jpg


このキノコはもちろん購入して、私的にはキノコのパスタを作りたかったのですが、うちのアモーレ(旦那)曰く、オイルとお酢に漬かってるからパスタに入れてもおいしくないと。
しかたなく前菜のブルスケッタとか、ご飯食べ終わっても満腹感がないとき、このキノコをパクパク食べてました。
ええ、中のキノコはもうとっくに終了しました。
容器をどうやって活用させるか、思案中です。笑

a0287461_642113.jpg


クーレマイユール、よかったですよ。
本当はモンブラントンネル抜けて、ジュネーブまで行こうと思ってたのですが、アモーレのバイクのタイヤに切り傷が入っているのを、朝の給油のときに発見。
焦ったアモーレは、このタイヤで長旅はいや、ましてや言葉の通じない国に行くなんてもってのほか。
タイヤ屋を探してタイヤ交換!!
と言い張ったものですから、しかたなくクーレマイユールでタイヤ屋を探して(スマホはありがたい)、タイヤ屋の職人親父に切り傷を見せると、
「全然大丈夫。致命傷なほど深く切れてないから。もちろん、タイヤは交換しなくちゃいけないけど、もっと乗ってからで大丈夫。ジェノバから来た?あージェノバくらいなんてこのタイヤでへっちゃらで行ける」
と3分治療じゃないですが、見るなり親父があまりに太鼓判を押すので、じゃこのタイヤでアヲスタバカンスを乗り切ろう。と決心したのでした。

時間が中途半端に余ったので、とりあえずモンブラントンネルを抜けて、フランス・シャモニーまでは行ってきました。
わーシャモニーなんて添乗員やってた以来!!何年ぶりだろ???15年ぶりくらい???
クーレマイユールもかわいかったけど、シャモニーは更にその3倍はかわいくて、お店もレストランもカフェもいっぱいあって、何より久々に日本人観光客を目にしました。
そうそう、シャモニーには行くよね。ってか私行ってたし?
とアモーレと散策してとっととイタリアに戻ってきました。
フランスだとスマホでインターネット使えないから。苦笑

モンブラントンネルといえば、1999年の火災事故で皆様ご存知かもしれません。
この事故のせいか、トンネル内の速度制限は70km、車両感覚は150m取るように決められてます。
対向車を見ても、車と車の感覚が長い。
きちんと規則を守っているんだな、と感心しました。
それもそのはず、このトンネル内にはフラッシュ付き監視カメラが多数設置してあって、スピード違反したらトンネル出たところで警官に連行され、即罰金なんだそうです。

・・・ちなみにモンブラントンネル通行料ですが、バイクであるということと、その日のうちに戻ってくるという往復割引をつけてもらって32,6ユーロ。
た、高い、、、、、


さて次はマッターホルン、モンテローザ@イタリア側の報告です!
[PR]
# by smilenory | 2012-09-08 07:05 | 2012夏のバカンス

今更ですが、初めまして

久々にエキサイトに戻ってまいりました。

広告が自動的にブログに貼られるってことで他のブログにお引越ししたんですけど、写真の掲載とかエキサイトに比べると結構面倒で、写真を載せないつぶやきブログ化してきたので、やはり前の家に戻ろう。ってことで、鮭が生まれた川に戻るのと同じってわけじゃありませんが、エキサイトに戻ってきました。

さてタイトル「Belin!! ベリン」ですが、リグーリア州でよく使われる言葉で、イタリア語だと「カ○○ォ!!」何てことーーー!!という意味です。つまりスラングです。
女性が使っていい言葉ではありませんが、立派なイタリア語の仲間入りをし、且つこの言葉なしで何人のイタリア人がふつーに会話できるか。
と問うと、おそらく0に近いと思われます。
それだけ理不尽なこと、ありえないこと、それはないだろう。ってことがこの国には満載です。
ということで、吠えさせていただきます。笑
でも基本は笑顔。笑顔と感じの良さはこの国では武器になります。
何があっても笑顔は忘れず、でもここで吠えていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いしま~す!!
[PR]
# by smilenory | 2012-09-08 06:19

イタリア人夫と猫を家に残しクルーズ船で働きながら、思ったことを綴っています
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31