突然ですが、うちのアモーレ、日•月が休みなんですよね。

で、来週の火曜日はジェノバの街の守護聖人、サン•ジョヴァンニの日で街は休日になります。(フィレンツェも街の守護聖人がサン•ジョヴァンニで同じ日が祝日)
3連休なので、どっか行こうか。とジェノバからツーリングで行ける範囲でアグリツーリズモとかスパとか探していたところ、私の携帯が鳴り、出てみるとジェノバの担当者くんでした。
あら、お久しぶり〜

早期下船を受けてくれてありがとう、とお礼を言うと
「ジェノバに戻って来たんだよね。退屈してるでしょ。何ならすぐ乗船させてあげるよ。」

いいえ、結構です。
いきなりそれかい 笑

9月から始めたいんだけど、で、10月終わりに今まで乗ってた船がシンガポール行くからそっちに移動したい。
と、とりあえずこちらの意向を担当者くんに伝えると、9月乗船はすんなり許可がでてその場で日にちも決まりました。笑
移動については、日本人のお客さんがいればね(いる、だって販売はアジア限定だし、大手旅行会社•J○Bの担当者から正月に500人送客するって聞いてるし!)という条件付きと相成りました。

これから乗る船、何と来年4月にアジアにまわされるんです。
2007年造船、比較的新しい大型船。4000人収容できます。
そしてこの船は上海に到着したら、上海と韓国をぐるぐるまわります。
はい、要は中国船になるんです。泣
奇麗でいい船なのにもったいない。この船がオナラやゲップ、つば吐きの嵐になるのかと思うと何とも言えない気持ちになりますが(すでにアジアに配船されてる2隻が中国チャーターの時はそんな状態ですからね)、されど中国。日本の人口の7倍ですからね。集客力が違います。
客層はともかく、毎週毎週船が満員御礼状態のチャーターを続けられるってこと、日本じゃ無理ですからね。

でもなあ、4000人の中国人であふれ返ったビュッフェがどんな感じになるのだろうかと思うと、、、、(以下自制)

ま、中国人に乗っ取られる前の最後のきれいな船の様子をこの目にしっかり焼き付けておこうと思います。笑

航路なんですけど、11月までは地中海。1週間のクルーズのうち、4日がイタリアの港です。あははは。
何でこんなコース作ったのって感じ
そして11月後半から、ドバイに向けてイタリアを出ます。
行って来たばかりのドバイですが、滞在が短かったので行ってないオプショナルツアーのこととかを考えると、ドバイも悪くないわ♡一度行ってるところは、お客様に何を聞かれても答えられますしね。
そんなわけで、この航路受けることにしました。

でも、正直日本チャーターやった船に戻りたいので、日本のお客様の集客があがることを祈るのみです。笑
どうなることやら、、、、どっちに転んでもいいのですが、チャーターやった船だとシンガポール発着で、タイとマレーシアのミニクルーズですが、冬が大嫌いなアテクシには、常夏の国のクルーズは大歓迎♡なのです。

とりあえず仕事のことはあと3ヶ月考えないで、バカンスを楽しみます♡
[PR]
by smilenory | 2014-06-17 22:17 | 私のひとりごと

イタ3男子、浅草に行く

横浜に到着する度、出かけよう、東京に行こうとずっと懇願誘われてたのですが、横浜はそれまで乗ってたお客様の最終下船とお昼から新しいお客様を迎える超忙しい日。もし出られるとすれば最終日だけ。
待ちに待ったチャーター終了の日、奇跡的にも横浜着が朝の6時30分で、お客様の最終下船がスムーズに終了したのもあり、ジジの熱いリクエストに答えて、浅草に行ってきました。

a0287461_2224212.jpg

a0287461_22244490.jpg

a0287461_22251598.jpg

a0287461_22255599.jpg
a0287461_22253591.jpg

a0287461_22261734.jpg

仲見世通りで下駄を試着中のジジ。9000円弱の下駄、お買い上げ〜

そもそも浅草に行こうと決めたのは、外国人受けする街だから。
東京のどこに行きたい?と聞いたら、場所を特定できないでいるので、東京の下町でも見に行く?でかい寺もあるよ。と言うと、そこがいい、そこに行きたい!とチャーター開始前から、会うたびに5月18日(チャーター終了日)は浅草!と脅迫されてました。笑
こういう時だけ記憶力が高まるイタリア人
人数集めて車手配して行こうと思ってたのですが、チャーター主催会社の上の人に手配をお願いすると、日曜だし丁度車がないので外注することになるからエライ高くなりますと言われ、仕方ないので電車で行く事にしました。大桟橋ターミナルから桜木町駅まで無料のシャトルバスも出てましたし、日本の電車は正確ですからね。
ただ電車で行くとなると、大人数は絶対無理。切符買うのに時間ロスするし、誰か迷子になったら探す+待つで更なるロスタイム発生。ただでさえ団体行動できないイタリア人。1人連れて行くにも日本人の10倍は手がかかります。
ということは、早々にジジには伝えてあったのですが、ところがジジが、東京行き計画の話が持ち上がった時から、自分の部下らにかたっぱしから
「ノリコと東京行くぞー!」
と声をかけてたらしく、ショーの〆のため劇場で待機してると愛しのテクニシャンズから
「東京に行く計画建ててるんだって?ジジがノリコと一緒だと安心だから一緒に行かないかって言ってたよ。」

なぬー

予想だにしなかった驚愕の言葉を聞き、ショー終了後すぐジジをとっつかまえて、ちょっとアンタ一体何百人に声かけたの!と問いただす。笑
えーとえーと。とモジモジ君のジジに(多分私がすごい剣幕だったから?)、大人数は電車で移動するとなると絶対無理。と悟し、私を見る度詳細を聞いて来たオクレとDJだけは連れて行ってあげるけど、それ以上はダメ。断れない人がいたらアンタが勝手に連れて行って頂戴。
と啖呵きったら、その足でオクレとDJの仕事場に赴き、
「いいか、明日は電車で移動だからな。お前らだけ連れて行ってやるけど、他のテクニシャンが何か言って来たら知らないと言っておけ。いいか。集合場所はクルーバーじゃみんなにばれるからクルーズディレクターのオフィス。朝8時30分時間厳守!」
と必死に根回ししてました。
そんなことしていいんかい 苦笑

翌朝、最終下船が予想通りスムーズに終わって、私服に着替えてクルーズディレクターのオフィスに行くと、既にイタ男子3人揃ってました。
ジジと喋ってたクルーズディレクター、いつもはまずオフィスに絶対いないメンツ(オクレ、DJ)がいるのが理解できなかったらしく、私が入って来てお待たせ!行こうと声かけたので私らが出かける+オフィスが集合場所だと理解して、
「ノリコさん!野郎ばっかりで出かけるの?笑」
と冷やかされました。
野郎は野郎だけど、イケメン連れてるわけじゃないしねえ。って←心の声

さて京浜東北線で上野まで行き、上野から銀座線で浅草。横浜から1時間の道のりでやっと浅草に到着しました。久々の浅草♪ イタリアに移住してからは来てないので、13年以上ぶり。驚
仲見世通り歩きながら、え、東京スカイツリーってここにあったんだ!と新たな発見をしたり、結構楽しんじゃいました。
浅草に来たからには、イタちゃん達と記念撮影
a0287461_2352928.jpg


ちょうど三社祭りが開かれてたので、ものすごい人出+みこしの数々
a0287461_2362666.jpg

a0287461_237084.jpg

ハチ公を見つけました♡
a0287461_2375187.jpg

ソフトバンク犬か? 笑

まーとにかくこのお三方、日本人も真っ青の写真撮影大会開催してました。
お決まりの歴史的建造物から出店、そのへんのどうでもいい草まで全部写真に撮らないと気が済まなかったようです。笑
せっかくだから、お昼も浅草で食べて横浜に戻るつもりが、あいにくの三社祭りでどこにいっても長蛇の列。レストラン探して歩き回ってると、オクレとDJがお土産物屋に吸い寄せられていった! 笑
二人を待ってる間にジジが
「次は俺とお前の二人で出かけるからな!」
と言って来たので、
「アンタが他の人に声をかけないでいられたらね!」
イヤミの一つでも言わないと気が済まない状態 笑

で、結局浅草でご飯食べるのは諦めて(オクレとDJはどーしても浅草で飯を食うと言って譲らなかったのですが、ジジが浅草でご飯を食べる事より、船に乗り遅れない事の方が大切。ここから横浜まで1時間かかるんだから、時間を逆算して動かなきゃダメ。とさすがボスな発言してました)、横浜まで戻って、以前ジジと出かけた、ターミナルから徒歩圏の横浜ワールドポーターズで飯食うか。と話してたら、桜木町駅横のビルが目に飛び込んで来て、ここにする?ってことで、そこで食べました。
初めて訪れた駅ビルでしたが、ここでも寿司、寿司と相変わらずの重度寿司病にかかっているイタ男3人衆のために寿司食べてきました。美味しかったですよ♡
しかし、DJがメニュー外のものが食べたくて、あるかどうかお店の人に聞きながら通訳+注文で忙しいところに、タイミングを見て人に話しかけることを知らないジジが水槽で泳いでた小さなサメの名前が知りたい、お店の人に聞いて聞いて、と話(注文)に水をさし、私は今DJの注文をお店の人にしてるんだから、後にしろ!とたしなめ、あれ今何注文してたんでしたっけ?とお店の人にいちいち確認しなければならないという、、、、
もー幼稚園児連れてる状態でした。苦笑

イタリア人と出かけると本当疲れますけど、まー、でも楽しい一日でしたよ♡
[PR]
by smilenory | 2014-06-14 23:28 | クルーズライフ

去年に引き続き、今回のチャーターもまた劇場でのショーの締めくくりをするため毎晩ステージに立ってたので、当然のことながらジジの部下である音響担当(サウンドテクニシャン)、照明担当(ライトテクニシャン)、ステージマネージャー、大道具さん(ステージハンド)とも仲良くなりました。

ショーの最中、舞台装置を入れ替えたりして忙しいこともあるのですが、大体は
a0287461_3352369.jpg

アンドレアくん。ローマ出身
a0287461_3354746.jpg

マルコくん。ジェノバ出身
a0287461_33684.jpg

優しいカルロくん。パレルモ出身

それぞれ好きな事をやりながらショーの終了まで待ちます。
緊張のステージ上とは違い、リラックスしまっくています。笑

裏方にしておくにはもったいないほどのイケメンズ。
下船説明会の最後、船上スタッフ紹介をするのですが必ずテクニシャンズをステージ上に呼んで、目立たない縁の下の力持ちの労をねぎらってました。
もちろん、裏方にしておくのは持った無い、イケメンイタリア人ですという補足も忘れず。笑
お客様から頂戴したアンケートには、このスタッフ紹介が良かったと結構書いてらっしゃる方もいて、やはりこういう裏方の存在は紹介されない限り知る由もないし、彼らの名前とポジションを私が全部覚えているということにも感嘆されてるお客様もいらっしゃいました。
最後の最後はテクニシャンズのボスであるジジを紹介するのですが、下船説明会は劇場でやるんですが、ジジは私の下船説明会を録画し船のテレビで流さなければならないので劇場ではなく階が違う船内の映像センターにいるので
ここにはいませんが、乗船•下船説明会の様子をテレビで流したり、またテレビから流れる全ての情報および映画を担当してるヘッドテクニシャンのジジことルイージ、ありがとう! Grazie!!!!!」
と紹介して閉めようとしたら、劇場にいたお客様達がジジを探してキョロキョロ。
思わず笑ってしまいました。
ステージ上からそういうのってハッキリ見えるんですよ〜
後でジジに会ってそのことを言うと、目を細めて嬉しそうにしてましたね。

いや、彼ら無しでは劇場のショーも成り立たないし、私がステージにでるタイミングも分からないし、ステージに登る前にショーのタイトルを絶叫したり、参加してるダンサーの名前を裏からマイクで読み上げるタイミングとかも分かりませんからね。お客様は表に出る私しか見ないけど、彼ら無しではありえないのです。
そういうことってやはり、伝えなければ。と思うんですよね。

本当にありがとう♡
今回もあなたたちのおかげで、無事終了しました。:-)

おまけ
最後のフォーマルナイトの時にイケメンズと撮った写真です。
a0287461_4572322.jpg


そして私の下船前夜、クルーバーでみんなと飲んでたら、制服をビリビリ。ビリビリ。ビリビリ。
最初に破いたのは私?
え?
a0287461_5103620.jpg

えらいことになってました。笑
ごめんよ、アンドレア!

また一緒に仕事ができますように♡


[PR]
by smilenory | 2014-06-11 04:57 | クルーズライフ

日本チャーターって時間が取れない日本のお客様向けに、クルーズ日程も短く且つ滞在時間もそんなに長くない、せわしいクルーズであることがほとんどで(しかしこれはチャーター会社が航路も滞在時間も指定してくるので船側に文句言う権利なし)、本当にせわしなく慌ただしく終了した感が強いのですが、その後韓国チャーターになって、クルーズ日数は長いわ、寄港地による時間が長いわで

「ロッテ、やるな」

感心しきり。

日本チャーター終わって事実上バカンス突入だった私は、クルーズディレクターに韓国人客と一緒にオプショナルツアーに行っていいか聞いたら、いいよ。と即OKが出て、で、どこ行くの?と聞かれたので、大阪と京都と悩んでいるけど、中学校の修学旅行以来の京都かな。と答えたら、私も行く!と(笑)、クルーズディレクターと一緒に京都まで行ってきました。

a0287461_259195.jpg

右がイタリア人のクルーズディレクター。去年の夏に続き今回2回目のチャーターご一緒でした。
キムチ臭い車内でしたが、我々のテンションはあがりっぱなし。笑


停泊時間は長いものの、京都まで片道2時間もかかるため(寄港地は舞鶴)観光箇所は金閣寺と二条城のみ。

a0287461_32790.jpg

a0287461_324275.jpg


30数年ぶり(大和田獏)に訪れた金閣寺は相変わらず美しい!!!

a0287461_34151.jpg

この会社の制服来て金閣寺を再訪する日が来るとは、夢にも思いませんでした。ははは

駆け足の金閣寺見学を終了し、バスはそのまま二条城へGO GO!!

a0287461_355512.jpg

a0287461_361681.jpg


城内は写真撮影禁止のため画像はありませんが、大奥の世界そのものでしたね〜。
うぐいす廊下があまりにも懐かしかったです。
クルーズディレクターは、このザ•和の世界に秀樹感激。
日本の良さを見てもらえるチャンスがあって、私個人的にも大満足のオプショナルツアーでした。

おまけ
クルーズディレクターは去年から着物が欲しいと言ってて、今回の昼食(京懐石、うますぎて5分で完食、爆)会場のとなりにお土産屋があったので一緒に覗きに行ったのですが、試着して、帯とか下駄とか(浴衣を買おうとしてました)選んでいるうちに時間終了となり、結局買えず。
結構上品な浴衣だったので、クルーズディレクターは心の底から買いたかったらしく、私が最終下船する時まで京都は時間がなさすぎた!と嘆いていらっしゃいました。苦笑

ゆっくり回るためには、船のオプショナルツアーで来ちゃいかんのです。(教訓)
是非、個人的に日本をゆっくり訪れて下さいな。笑
[PR]
by smilenory | 2014-06-11 03:12 | クルーズライフ

活力の源

毎回クルーズ終了間際に、お客様にお配りするアンケートで私個人へのお褒めの言葉があると、老後の楽しみにと思いプリントして取っているんですが、今回はこんな沢山いただきました!
a0287461_19261129.jpg

ありがたいことです 涙

一つ一つ大切に真剣に読ませていただいておりますが、この言葉で私は支えられているんだなあと痛感します。
a0287461_19282181.jpg

注)私は司会業ではありません。笑 
また私が船を支えている訳ではありません。苦笑

a0287461_19284819.jpg

a0287461_192974.jpg

a0287461_19294913.jpg

a0287461_19362935.jpg


まだクルーズライフから足を洗えないかなあ? 笑
[PR]
by smilenory | 2014-06-10 19:29 | クルーズライフ

3度目の正直

今回の日本チャーターは3回目ということもあって、かなりのリピーターのお客様がいらっしゃいました。
横浜のターミナルで乗船のお手伝いをしてると、

「あ、今回もいらっしゃるんですね!」

「またお会いできて嬉しい〜」

とお客様のほうから声をかけていただいて、ラテンなお客様はわざわざハグまでしてくださり再会を喜びました
って私はお客様の事全然覚えてなかったですね。汗

3回目ということもあって、過去のクルーズでこのイタリアンスタイルが好き。という真のファンが戻ってくださるという、こちら側では願ったり叶ったりの展開でした。
何かあっても
「いいの、これがイタリアンスタイルだから。」
とこっちが、イタリアですからね〜と言い訳する前にご自身でご納得頂いたりとか。苦笑
人気の高かった歌手や、イケメンクルーズディレクターは今回もいないんですね、とか、リピーターならではの通な質問もでたりしました。笑

そんなわけで雰囲気が良かったものですから、私は調子に乗ってはじけまして(謎)、再びお客様から吉本に移った方がいいとか、私のトークをDVDにしたものが欲しいとか、嬉しいお声を頂戴したしました。喜

そしてうちの会社の不動説

日本人からは高い評価はもらえない

というジンクスをとうとう3回目にして、クルーズ最後に配るアンケートで高得点を得て全員ほくほくでした。
ニコやジジは今回3回目のチャーターで初めて一緒に仕事したので、そんなに日本人のお客さんが難しいというイメージが全く無かったらしく、そんなにすごいこと?と不思議な顔してましたけど、1回目のチャーターなんて右も左も分からず、不手際や不可抗力の天候でお客様が怒鳴ったり悪態ついたり、そこにクレームだ病人でたから通訳だ、あ、でもビンゴやアクティビティの司会あるし、あ〜と気がつくと2日何も食べてなかった。
そんな事を考えると、今回は食事する時間もアペリする時間もあって、3回目は全然ラクだ。とよくつるんでた二人には言ったことでした。

ま、それでもアル中が出たり、まさかの乗り遅れ客が2クルーズ立て続けに出たりと、新たな発見はありましたけどね。苦笑

でもうちのクルーズが好きで戻ってらっしゃるお客様がいらっしゃることはありがたいことだし、そのお客様達とはやはり夢のように仕事がしやすかったです。

4回目があるのかどうか不明ですが、あればまた多くの方々との再会及び新たな出会いを楽しみにしたいと思ってます。
[PR]
by smilenory | 2014-06-09 05:18 | クルーズライフ

今回の仲良しチーム

この船に乗ると毎回そうなんですが、クルーとかなり親しくなります。
ヨーロッパ回る船でもそこそこみんなと仲良くなるんですけど、仲良しの度数が高いというか、濃いというか、健全そのものなんですけど家族みたいな強い絆が生まれます。
アジア航路ってヨーロッパやイタリア人クルーからすると家族からあまりにも遠く離れているせいからか、余計クルー同士が仲良くなるのかもしれません。

今回の仲良しチーム
a0287461_225599.jpg


一番左のイタリア人同僚は、我々が影でMr.オクレと読んでた人で(失礼)、去年北欧に行ったときの船で一緒だったので今回は2回目のご一緒。仕事に慣れてくれば慣れてくる程スローになってしまう、何故????でいっぱいの人です。一番右がヘッドテクニシャンでオクレのボスだから毎回我々についてきたようで、特に親しかったわけではありません。ってコラコラ シチリア出身

左から2番目の日本人の子はフロントのともみちゃんで、1回目のチャーターから一緒ですっかり仲良しさん。北海道出身

私の左横は、今回息子(彼のお母さんが私と同い年 爆)とかわいがっていたチーフアニメーター。
日本語を覚えるのがとにかく早く(アモーレに爪の垢を飲ませたい)、乗船説明会、下船説明会で見事な日本語での挨拶をお客様の前で行い、+ビンゴなどの船内イベントも数字を読み上げるのとか積極的にやらせてたので、日本のお客様に大人気のニコくんです。バーリ出身

そして一番右がヘッドテクニシャンのジジ(本名ルイージ)、初めて彼を見た時
「あれ、どっかで会った事あるなこの人」
と何故か思った人です。それを本人に言うと、ジジも同じこと思ったと言い、今までどの船に乗船した?という話になり、どの船ともシンクロしておらず、何故こんな風に思ったのか今でも不思議です。多分前世でお父さんとか兄弟とか恋人とかオットとか、かなり近い人だったのかもしれません。
根拠なし
面白いんだけど、今回のメンツでは精神的に一番大人で、一番感覚のズレを感じる事なく話ができる人でした。カラブリア出身

仲良しだけど、やはりそれぞれ仕事がありますから、一緒に外出するのはそんなに簡単なことではありません。私の息子のニコなんか、写真の金沢(兼六園)と佐世保で時間ないから制服来たまま回転寿しを食べに行っただけ、たった2回の外出となりました。

一方、何とか一緒にお出かけできたのがジジで、横浜で2回、うち1回は浅草まで遠出する事が出来ましたし、この金沢。あ、でも3回だけか。
その他の寄港地(韓国、別府、鹿児島、那覇)でもでかけようね♥️と言ってたら、先方が多忙のため不可能でした。
別府は私が忙しくて1時間待ってくれ。といったら待てずにさっさと出かけやがったし、那覇は日本の入国審査があって当然その手伝いしてたのですぐ外出するのは無理だよ、と言っておいたのに、丁度忙しい最中に船内携帯に電話かかってきて(しかもオクレから)、出かけられそう?と聞いてきやがったのでオクレだったのもあり
「私を待たないでとっととでかけやがれ!」
といって電話ブチ切りました。笑

ま、でもいずれの外出も本当に楽しく、一瞬クルーであることを忘れバカンスに来てる?という勘違いを起こす程、楽しむ事ができました。

外出もそうですけど、船内でもだいたいは私、ニコ、ジジでご飯食べたりアペリティフしたりと何かと3人でつるんでました。

ニコはいまでも毎日
「マンミーナ(小さいお母さん)、元気?お母さんがいなくて寂しいよ〜」
とメールくれます。かわいいやつです。
ほんと、いいグループでした。

最低の仕事だけして船に乗ってさえすればお給料入るんだし、残ってればいいじゃないか!
と、実は早期下船をジェノバにお願いしようと思ってると話したとき、息子のニコ(笑)に猛反対されました。
ジジは無言でした。笑
でもね、私にとって船は仕事をするところなんです。
日本のお客さんがいなくて、雑用しながら契約終了までの4ヶ月という長丁場過ごせないから。船でぼーっとしてるんなら、家でぼーっとしてたほうがアモーレと一人息子(猫)の世話もできるし、、、、

結果、早々に下船してイタリアに戻って来れたのでこれで万々歳だったんですけど、仲良しグループと別れるのはやっぱり寂しかったですね〜
a0287461_223688.jpg

a0287461_22373058.jpg

上は息子ニコ、下はジジ親父とのツーショットです

いろいろあって(笑)、兼六園の前に近江町市場でお腹を満たしました。
a0287461_2239320.jpg

a0287461_22405841.jpg
a0287461_22401324.jpg

a0287461_2142819.jpg

寿司職人の働く様子を興味深く眺める二人


注文した料理が届くまで、我がイタリア人達のうるさいことといったら、、、、回りの人はみんな日本人だし、大声で話したりしないから空気を読んでくれ!!!と私とともみちゃんが冷や汗かくほど大騒ぎしてたのですが、料理が届いてから一切無言。
水を打ったような静けさになって、そのギャップに苦笑。
言葉がでないほど美味しかったらしいです。

外出の度に、我々日本人チームは
「次回は絶対焼き肉!!!!!」
と言ってるのに、イタリア人チームは絶対寿司。といって譲らない。
というわけで、本当今回は寿司をよく食べた契約となりました。笑
[PR]
by smilenory | 2014-06-07 22:44 | クルーズライフ

無事戻ってきました

気がついたら、挨拶もせず出発してしまい、大変失礼いたしました。m(__)m
無事、3回目となる日本チャーターを終了し、その後船が韓国チャーター2本、それから10月まで中国チャーターしかないことが判明し

「いる意味ないじゃん?」

と、契約は9月末までだったのですが、上司(クルーズディレクター)に相談して本社のジェノバにかけあってもらったら、あっさり下船許可が降りて6月1日に長崎で下船して3日にイタリアに着きました。

今回、行きも帰りも初のヨーロッパのエアライン以外のものでした。
行きが、予約はエアフラで取ってあるものの、使用機材は大○航空。
ビビンバ美味しかったです。
ただびっくりしたのが、トイレ横の非常座席の真ん中(超満席)に座っていたのですが、毎回トイレから人が出てくるたびに待ち伏せしていた客室乗務員がトイレに入り、清掃と消臭スプレーを撒く、という

「そこまでやる必要あるのん?」

疑問に思う風景を目にしたり。
いや、親切でいいんですが、次のトイレ待ちの人がすぐにトイレに入れないから渋滞が出来てるんですよ。苦笑
ただ、日本チャーターが終わった後、ロッテの韓国チャーター2本やって、暇な私はいろんなところに応援にいかされたんですけれども、すいません、韓国人が1000人以上いると

臭いです。

船内が猛烈なキムチ発酵臭で包まれてました。比較的大きな劇場でも、ホールも、どこもかしこもキムチの体内で発酵した臭いっつーんですかね、その独特な臭いがして、本当強烈でした。
イタちゃんは耐えられず、多数の精神的死者が船内ででましたね。笑

なので、○韓航空の客室乗務員が、一人トイレから出てくるたびに必死になって掃除し消臭スプレーまいてたのも、船に乗って韓国チャーターやってなるほど納得。と思った次第です。

そして帰りの便。
急に決まった下船&帰国だったので仕方ないとは思いますが、まさかの中国東○航空。
長崎で下船して長崎で一泊したあと、お昼に長崎から上海に飛んで、11時間30分も待ち時間があって(待ってる間にヨーロッパのどっかの都市につけるがな)、しかもパリ経由で、パリで一旦スーツケースを受け取って下さい、という前代未聞の言葉を耳にして

へっ!? チェックインができないのは理解できますけど、普通スーツケースは最終目的地まで送られるでしょう?途中でスーツケースを取るなんて聞いた事ない!!

日本語(長崎空港でしたから)で文句言えることもあり、思いっきりチェックインカウンターで噛み付きました、私。笑

「いや、あの中国とフランスの間で協定が組まれてないので、パリでスーツケースは一旦お受け取りいただきます」

と申し訳なさそうに係員が言うので

「えっ中国だからっていう理由なの!全く迷惑しちゃう、中国のエアラインなんか取るなっつーの会社!!」

と中国○方航空の係員を目の前にこんな悪態をついてしまう私は、もう日本人じゃありませんね。苦笑
しかもファーストクラスラウンジの使用も(そもそも上海空港にはそんなものなかった)、ショートステイのホテルの手配もしないっつーんで、本当この航空界社この世から消えてくれ。と思いました。コラコラ

結局、上海到着後は空港内をウロウロしたんですけど、とてもとても11時間30分も時間潰せそうになかったので、ターミナルでホテル斡旋してる人にお願いして自分でショートステイ手配しました。
次回会社に請求する!
これ、結果的に大成功でした。
ここで休憩してなかったら、パリまで生きて到着できなかったかもしれない。

だってだって機内もそりゃー「典型的中国人」だらけで、私通路側に座ってたんですが、シートベルト着用のサインも消えてないのに勝手にウロウロし始めて、通路を挟んだ向こう側の人と喋るために通路に立って、私の顔の横でシャツの中に手を入れて背中ぼりぼりかいたり、人が通るたびガンガンぶつかってこられ、もしかして通路側に私はみだしすぎ?と思って気持ち内側によって座ってても、相変わらずぶつかってこられる。これ、客室乗務員も同じなんですよ。ありえねー

かの国の人達は、たとえ右横に100平方メートルのスペースがあっても、わざと左に行き人にぶつからないと前に進めない人種

と思う事にしました。苦笑

ちなみに、12時間30分のフライト中、一度もシートベルト着用のサインが消える事はありませんでした。
席から離れるなっつーこと?笑
もちろん、中国人乗客の多数は、まだ水平飛行に入ってない段階から機内をウロウロしてました。
そして、機内食は貧相でまずく、今まで食した中では堂々の世界一入り。本当にまずかったです。ほとんど食べてません。
最後の食事は私だけとばしてサーブされました。(まずいからいらないのでいいんですが)
トイレには6個の消臭剤が吊るされており、うち一つは、通気口から出る風が直接当たるように施されており、ここまでしないとトイレが臭くて使い物にならないんだろうな、とか
着陸前、客室乗務員が充電してた私のiPhoneのUSBケーブルを何の断りもなく引っこ抜いていって、ああ、この国の人達は本当に終わっている。人様の物に手を触れるときは、必ず一言断りをいれるのが常識ってもんだろうに。あーでも、かの国の人達に常識何て言葉ないない、まず人間のレベルに到達してないんだから。

といろいろ思う事があり、二度と中国東○航空には死んでも乗るまい。と思ったのでした。
って飛行機は会社が手配するので選択権はないのですが、中国○方航空に乗って目的地まで行かなきゃならないことが今後発生した場合は、船への乗船自体を拒否するつもりです。

そのくらいひどかった、いや航空界社として運営してはならないレベルです。
いや、乗客を中国人だけにして、他国には絶対販売しないとか、そのくらいして欲しいですね。怒

無事にパリに着いたからいいとするか、、、、

でも(怒)、総重量46Kgの2個のスーツケースもってバスでターミナル移動しなくちゃならなかったときは、泣けましたね。罰ゲームか?、と途方に暮れて移動しましたよ。
ま、でも上海ショートステイのおかげで、いつもの長時間フライトの後にでる頭痛がなかった分、サクサク動けました。

愚痴ばっかりでごめんなさい。
ここではかないと次ぎに進めない。笑

ってことで、クルーズ回想録に入るとしましょうかね〜♥️
[PR]
by smilenory | 2014-06-07 01:33 | 私のひとりごと

気がつけばイタリア在住16年!イタリアのクルーズ船で働きながら、思ったことを綴っています
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30