5年ぶりにイタリア在住外国人から忌み嫌われていることで有名なクエストウーラ(警察)へと足を運んで参りました。5年前はフィレンツェで更新したので、今回ジェノバのクエストウーラは初出頭となります。苦笑
ここよく通りかかるんですけど、今日自転車で乗り付けたとき初めて、クエストウーラの大きな正面玄関があることに気がつきました。

「でもイミグレオフィスに行くのにここから入るとは到底思えん」

と臭いがしまして(笑)、いつも目にしていた裏玄関みたいなところから入りました。
そこには暇そうなおまわりさんが5-6人ほどいて、行き先を告げると

「アポイント取ってあるの?紙見せてもらっていい?」

と言うので、郵便局でもらった予約の日時が書いてあるものを見せました。

「そこのトンネルくぐって行き着いた先がイミグレオフィスだから。」

トンネル?

って顔しちゃったんでしょう、私。トンネルだよ、トンネル。ほらそこに見えるでしょ。とすぐさまおまわりさんが私に言う。
私がまだ納得しない顔でいると、他のおまわりさんが、ほらほらすぐそこ。見えてるでしょ。とエライ騒ぎになり。

トンネルっていうからここから一旦出て外からトンネル経由で行くのかと思いきや、おまわりさんの言うトンネルとはビニールハウスみたいな天井がついた、ただの通路だったのでした。苦笑
まあ、トンネルに見えないこともない

さてそのトンネルを抜けるとそこは待合室でした。
10人くらい待ってたので、近くにいた学生さん風の方に
「あのー、番号ってとるんですか?」
と聞く。と、
「You should wait here」
とまさかの英語で返答が来る。

大丈夫か、学生(かどうかは未確認)。警官は厳しいぞ。イタリアに滞在するならイタリア語理解しないことには話にならん!ぐらいの勢いでがーーーーっとイタリア語で捲し立てまくる警官を過去の滞在許可書更新時に何人も見たぞーーーー

とこれまた心の声を私が顔に出してしまったのでしょう、学生風の方
「あ、Aspetta qui(ここで待つんだよ)」
とイタリア語で答え直してくれました。苦笑

待つ事15分。
郵便局で貰った予約時間よりも12分も早く名前が呼ばれ、○番窓口まで来て下さいと待合室で放送がかかりました。

すげークエストウーラ@ジェノバ

フィレンツェですら今も番号札があると聞いているのに、ここは郵便局で取ったアポがそのまま警察まで通っているのですかあああああああ!
ま、フィレンツェとジェノバじゃ滞在外国人の絶対数が違うのだと思う

しかも驚いたのは、いろんなサイト、ブログを見て
「こんだけ持って行けば大丈夫だろう」
と用意して行った数々のドキュメントのコピー、一瞥もされませんでした。

用意していったものの、ただの紙切れとなってしまったものたち
結婚証明書
家族証明書
住民票
身分証明書(私、アモーレ)
テッセラ•サニタリア(私、アモーレ)
CUD2013(収入証明書 私のとアモーレの)
730(確定申告 私のとアモーレの)
(コピー2部ずつとオリジナル)

必要だったもの
パスポート
郵便局でもらった予約の紙(書留の控えと手数料支払い用紙の控えが止めてあるもの)
滞在許可証のオリジナル
写真4枚

以上です。愕

えっ、他に書類見ないんですか?と驚いて聞いてしまったのですが、いーえ何もかもコンピューターに入ってるから必要ありませんよ〜。と涼しく回答されてしまいました。

なぬー

女性のおまわりさんだったのですが(一瞬ついてないと思いました、苦笑)、コンピューターの画面を見ながら、イタリアには仕事で入ったの、それとも他の理由で?、学生で入って半年後に労働に切り替えました、とか今のパスポートはどこで発行したもの?、ローマの日本大使館とか、仕事はしてるのか、とか確認事項のみ。
口頭で答えてくのをおまわりさんがコンピューターに入力していきます。
それだけです。
ジェノバには日本人が本当に少ないとか、勤め先と所属を答えた時、世界のどこに行ったのかーとか、日本にも行ってみたいーとか、雑談も多少入ります。
あとは5本指の指紋、場所変えて両手全部の指紋を取って終了。

1時間半後にはクエストウーラを後にしてました。

すごい進化です!
おまわりさんたちもすごく感じがいいし、何より待たない。いや、多少は待ちますけどでも以前のような6時間待ちとか朝3時起きとか涙なしでは語れない滞在許可証物語はもう完全に過去のものになりましたね。

いい時代になったものです。しみじみ。

こんなにスムーズに行くならまた滞在許可証の更新しにクエストウーラに来てもいいかも。

いやいや、今回はILLIMITATA(期限なし)をもらわねば!

どうなることやら、、、、滞在許可証が出来上がってるかどうかはサイトで確認してね。と言われたのですが、SMSで来ると思ってた私には唯一えっ。と思ったことでした。

滞在許可証が無事受け取れてからまたご報告いたします〜。
[PR]
by smilenory | 2014-01-31 22:44 | 私のひとりごと

アラブといえば
a0287461_2194485.jpg

目だけ出てる女性が多くて、分かって入るものの、この「ハットリハンゾウ」団体を見ると凝視してしまうんですよねえ。

それだけ目にしてるんだから、ドバイを除いてはある程度外出するときの服装を考えなければいけなかったわけですが、、、

オマーンでは、暑かったのでTシャツとちょっと長めのでも膝上のパンツとかはいて出かけちゃいましてね。
逮捕こそされなかったものの、ものすごく変な目で見られまくりました。
そりゃそうだ
船に戻ると、これから出かけるクルーたちに会い、女性陣はそろって膝下のスカートかパンツはいてます。

「そんな格好して出かけてきたのーーー?ダメでしょーーーー」
と船に戻るなり同僚達に咎められたのは計算外でした。苦笑

さて。そんな服装で失敗しちゃったよ編。
しょっぱなはドバイです。
日本のお客様がドバイのオプショナルツアーに行くというので、同じツアーに同行させてもらいました。
集合場所にショーアップした時。
ツアーエスコートの同僚がきもちエレガントな服装でお客様にステッカーを渡していました。
「へー高額ツアーにでも同行するんだろうな。」
と思ったんですが、その場にいた他のツアーエスコートたちが
「あれノリコ、どのツアーに行くんだっけ?」
「7つ星のホテルでアフタヌーンティーが着いてるドバイ観光」
「えっ、制服じゃダメよ。アフタヌーンティーでもドレスコードがあるのよ!私たちも私服でこないとダメなのよ!」

ぎゃー

その時はまだ時間があったので、慌てて部屋に戻り着替えてきました。
ホッ

服装失敗2回目。
アブダビ
アブダビの7つ星ホテルでランチを取る豪華ツアーに参加することでワクワク(この時も制服)。
勢い良くバスに向かってたら、波止場にいるツアーエスコートの同僚から
「ノリコ、着替えもってきた?」
「着替え?」
「エミレーツパレスでランチだから、制服じゃ行けないのよ。入れてくれないわよ。」

がーん。またやってもた!
ツアーマガジン読めって、自分 涙

今回はさすがに部屋に戻って着替える時間はなかったので、ツアーエスコトートの好意で砂漠ジープツアーに変えてくれました。
ありがとう♡

砂漠のジープツアーの集合時間まで時間があったので、砂漠だから暑いだろう。と思い半ズボン(制服)に着替えてジープに向かいました。
ここでもイタリア人客ファミリー4人と6人乗りジープに乗ったのですが、ファミリーの大黒柱から
「モスクはいつのタイミングで行くの?」
と聞かれ、

モスク?

突然の同行ツアー変更でツアーマガジンを全く読んでいなかった私は、ジープが砂漠に行く前にメッカに続いて大きいアブダビのモスクに写真ストップのためだけに寄る、というのを運転手から聞いて初めて知る。恥

アブダビのモスクは、それはそれは素敵でした。
あまりの素敵さに写真をガシガシ撮って、ジープに戻って出発を待っておりましたら、運転手が
「ちょっと一緒に来て下さい」
と私を呼びにきて、言われるままついていくと、モスクの警備員とオパQな人
a0287461_2582478.jpg

がおり、
「ガイドか?」
と聞くので
「いえ、ガイドではありません。船の人間です。」
と答えると
「こんな格好(半袖ポロと半ズボン、いずれも制服です)でモスクに来ていいと思ってるのか!」
といきなりの怒号。
おっと。服装で失敗しちゃった〜じゃ済まないかも?国際問題に発展するかしら?くらいの勢いで非難囂々。

「モスクに入るつもりはありませんでした。そもそもこれは砂漠に行くツアーなので、モスクによるなんて知らなかったんです」
と正直にオバQに言って、それでも怒りが収まらないオバQはフルネーム、船会社を言え、厳重抗議する!
と言って引きません。

こうも怒り心頭な方に何言っても無駄なので、どうぞどうぞ抗議して下さい。モスクに行く事知ってればこんな格好では来てませんよ、いくらイスラム教徒じゃなくても。と言いながらネームタッグを相手に見えるように出しました。

他のジープ(この日は20台くらいジープが出てました)の運転手が騒ぎを聞きつけてワラワラやってきましたが、とにかく船から来た人間だって言ってれば大丈夫だから、これで問題ないから。とみんなが慰めてくれました。苦笑
ありがとう

ということでドレスコードの厳しさを身を以て知る事になった、アブダビのある日の出来事でした。
[PR]
by smilenory | 2014-01-25 03:04 | クルーズライフ

空から見るドバイ

今回は滞在許可証更新のため早々に下船が決まっていたので、限られた時間の中でどれだけドバイを、U.A.Eを楽しむか。
が私のテーマでした。
船のオプショナルツアーも星の数ほどあり、どれに行ったら良いか途方に暮れます。
なので自分の中でテーマを絞りました。

①オプショナルツアーじゃないと入れないところ
②砂漠
③視点を変えたオプショナルツアー

ドバイ、アブダビの豪華ホテルって宿泊客か、アフタヌーンティーあるいは昼食、夕食のためレストランを予約してないと入れません。
実際、日本人のお客様がアブダビのエミレーツパレスホテル(7つ星ホテル)に試しで入れるか挑戦したところ、断られて入れなかった。と仰ってました。
厳しいのね

そんなわけで、私は高額商品に目がくらみ、高いツアーばっかり行かせてもらってました。
しかもイタリア人客と。 笑

最後に行った高額商品(お一人様286ユーロ也)、空から見るドバイは非常に美しかったので、先にご紹介いたします。
ベニスでも乗った事あるんですが、シープレーンなので海或は川からセスナ機が出発します。

a0287461_1584616.jpg

イル•モンド 世界地図の形をした人工の島です。まだ建造中。ここにお家を構えられるのは、ドバイが選んだ選りすぐりのセレブ様達だそうです
a0287461_1581737.jpg

ザ•パームというやしの形をした人工島の頂点に立つ7つ星ホテル、アトランティスホテル
a0287461_1574757.jpg

バージュ•アル•アラブホテル(7つ星) 全室ペントハウススイートで、一泊の最低宿泊料金が5000ユーロだそうで。ドバイというとこのホテルがイメージに浮かぶ方が多いのでは?
a0287461_1571765.jpg

ヤシの形をした人工の島であることがはっきりわかります。

何故このオプショナルツアーを選んだかというと、世界地図やヤシの形をした人工の島の存在は知ってたんですけど、で、ザ•パームなんかはアトランティスホテルに行ったので(オプショナルツアーで)ヤシの形の人工島に乗り入れた事は分かるんですけど、地上からだとどうしても分からない。
何回もドバイをウロウロしているうちに、やはり空から見たい。という欲望にかられまして、ツアーマネージャーにお願いしたら一発でOKがでました♡
いやー行って良かったです。空から見るのは本当にドバイのスケールのでかさを痛感させてくれます。

ドバイは観光をメイン産業に変えてから外国人の移住率が一気にアップ、今やドバイの人口の80%は外国人のため、公用語はほぼ英語です。オバQな格好をした人達(アラブ人)も英語ペラペラです。

ドバイも悪くありませんね〜。
って何が? 笑
[PR]
by smilenory | 2014-01-25 02:13 | クルーズライフ

世界初

ドバイにはいろんな世界一が集まっています。
2015年には原油が枯渇するらしく、1990年代に原油から観光にビジネスを変え、せっせせっせと観光センターを作り、プラス、有り余るオイルマネーを使って世界一高い塔、世界一大きい人口の島、豪華ホテル、、、、もうそこらへんに世界一が転がっている状態です。

そんな中、こんなものを見かけました。

a0287461_792665.jpg


金の自動販売機です。
クレジットカードを入れるだけで、好きなだけ金が買えます。

はははは、、、、(力なく笑う)

金を自販機で買っちゃうような層の人がやってくるってことなんですね。

•••••スケールが違いすぎます。
[PR]
by smilenory | 2014-01-23 07:10 | クルーズライフ

体張って守ります。笑

いきなりですが。

この方、どなたか分かります?笑

a0287461_0472315.jpg


海賊対策用24時間見張り番君(長い)です。
グルグルに縛られています。苦笑
ええ、マネキンですとも。
でも海賊には効果あるらしいです?(謎)

サボナを12月2日に出航して、ナポリ、ヘラクリオン(クレタ島)とふつーに航海を続けてきたのですが、スエズ運河に入る前から登場しました、この見張り番君は、船の先端、クルー専用エリアにあるクルービーチの入り口に置かれています(今も)。
スエズ運河からペルシャ湾って海賊が出やすい地域?
そのような内容を記載したお手紙もお客様に配られました。

しかし海賊がこんなクソでかいクルーズ船を狙うのかしら?

いろいろ思う事はあるものの(笑)、見張り番君の我々への仲間入りをクルー一同歓迎したのでした。
って大袈裟

去年も通ったんですが、一応最新のスエズ運河を。
a0287461_0521828.jpg

a0287461_0524663.jpg


スエズ運河を構築する際、地中海と紅海では高さが違うから無理。と反対意見が出ていたそうです。

同じ海なのに高さが違う、、、、???

これを解明できる人間が周りにいませんでした。どなたかお分かりの方いらっしゃいましたら、ご教授頂けると幸いです。笑

スエズ運河を通過して紅海に入ると、最初の寄港地がアカバ(ヨルダン)、そして次の寄港地がエイラート(イスラエル)。

エイラートでは停泊時間が短いからきっとエルサレムまでは行けまい。でも行きたくて前回行けなかった死海のツアーがある!
ということで、日本人のお客様の参加はたったの2名様でしたけど、念願の死海に行って参りました♡

死海の海底はこんな感じですの
a0287461_0583533.jpg



どんなことをしても浮くんです。塩分強すぎて魚が住まないから死海と言うらしいですが(ガイド談)、じゃどんなに塩分強いか試してみよー! とお客様と一緒に舐めてみたら、、、、

ビリビリ

しびれました。半端じゃない塩っからさです。これが目に入ったら最悪。気をつけなくちゃ
コンタクトレンズだし
浮力が半端じゃありませんので、腹這いになってもおしりがぽこーん。と浮いてしまうので、犬かきで泳ぐのがやっとです。一人欧米人の方がゴーグルつけて無理矢理泳いでましたけどね。
そこまでしなくてもね、という感じ

やっぱ好きだわ、イスラエル。また帰ってきたいわ、イスラエル。と後ろ髪引かれながらエイラート出航後は、4日連続の終日航海です。長いです。
長い長い4日間の終日航海を終え、着いたのはオマーンのサララという街。
乳香のメッカです。ここでは香水か乳香しか売ってないといっても過言ではないです。苦笑
でも4日間海の上でやっと地上に出れた喜びといったら、、、、

サララの街の様子など
a0287461_18522.jpg
a0287461_173056.jpg
a0287461_17493.jpg

↑最初の写真は乳香を入れる器です

オマーンスルタンの現国王の出身地なので、年のほとんどをここサララでお過ごしになっているとの事でした。

サララまで到着すると、あとはマスカット(オマーン)、フジャイラ(U.A.E)、アブダビ(U.A.E)と毎日寄港が続きます。

アブダビはまた別で詳しくご報告させていただきます。

そしてやっとのことでドバイとうちゃーーくうううううううーーーーー♪♪♪

a0287461_1132473.jpg

快晴です。
もっとも砂漠ですから、雨が降る事など年間10日から15日もないそうです。(羨)
夏は日中52℃まで上がり、湿度は100%なんだそうで(砂漠なのにそんなに湿度があるんだ、と驚)、とても外出できる状態ではないのでアラブの冬が最高の観光シーズンなのだそうです。
冬といっても、23℃とか、28℃とか本当に過ごしやすい気温でした。

さていくつかの船がドバイを訪れていますけれども、私が乗った船は今回初めてドバイ入港。
初めて入港すると、必ずセレモニーが行われます。

ドバイの歓迎セレモニー
a0287461_116259.jpg

このオバQな方々を見て、あーっアラブに足を踏み入れたんだなーっ!と実感しました。笑
単純でスミマソン

ドバイは免税国です。
ターミナルにはお土産やさん、両替屋さん、そして後に私を始めとして多くのクルーがお世話になる事になる(苦笑)電気屋さんがあります。
ドバイには行く前から友人、同僚から
「電化製品が安いから!危険よ〜!」
とは言われておりました。
iPhone5Cを買ったばかりの私はそんな謀反は起こさないと確信していました。

••••ドバイマジック••••

かかりましたね。苦笑
だってだってイタリアに比べると軽く200ユーロ以上安いんですもの〜
しかもイタリアじゃ未だ品薄だっていうのに、ドバイじゃあちらこちらの電気屋さんにiPhone5S、全カラー山積み状態。
狂林檎病に侵されている私が、買わない訳はありません。苦笑

っつーことで己の身分を顧みず、何とも贅沢なiPhone5S、5Cの保有者と相成りました。

※ちなみにドバイターミナルでのiPhone5S(16GB)の販売価格 499ユーロ
                   イタリアでの販売価格729ユーロ

ドバイ万歳!!(泣)
[PR]
by smilenory | 2014-01-23 01:27

オマーンから

皆様、今更なによ?という感じですが、新年明けましておめでとうございます。
ここに来て下さる皆様にとりまして2014年もまた、素晴らしい年でありますよう心よりお祈り申し上げます。

本日無事、下船致しました。
イタリアを出発してドバイにつくまでのながーいながーい18日間のクルーズに日本人グループが乗ってきてドバイに着いたら下船、その後は4人とか2人とか1人とか、日本人のお客様が激減。このまま1月10日にスムーズに下船できると思いきや。
そうは問屋が卸しませんでね。
私が下船する週によりにもよって日本人グループ、個人客あわせて33人乗ってくることが判明、上の人が残れ残れと説得作戦に出たもんだから10日に下船できず、じゃ15日のアブダビ下船。と譲歩したのですが、滞在許可書更新が待っておりますので、15日に下船したらその日のうちにイタリアに入国させてもらわないと困る。とダダをこね、ところがアブダビからアホタリア様が飛んでいるにも関わらず満席らしく、アブダビで下船すると危険なので本日13日オマーンはマスカット(ぶどうを思い出す)で下船、と会社に言われ、下船しました。

郵便局でアポイントの紙をもらってからまたクルーズ回想録書かせていただきますが、いやはや。
オイルマネーの威力を改めて感じたクルーズでした。
水より石油の方が安いんですよ、奥さん!!
船のエクスカーションのガイドが
「水飲み終わったら、空いたペットボトルに原油詰めて持って帰って下さい。」
なーんて言うんですもんね。苦笑
そうしたいよ、飛行機で持って帰れるものなら。涙

ちなみに、オマーンではガソリン1ℓ当たり24セント(35円、40円くらい?)、ドバイでは1ℓ当たり26セントだそうで、、、、羨
エクスカーションのバス、我々がバス降りて観光してても、その間絶対エンジン切ってなかったですね。アイドリングは環境に悪いんじゃないか?と思うものの、まわり砂漠だからあんまり関係ないんでしょうか、、、、
今回皆勤賞(笑)のドバイモールのメインエントランスの前には、ランボルギーニ、ランボルギーニ、フェラーリ、ランボルギーニ、ロールスロイス、、、、買い物にやってきた億万長者の車がふつーに駐車してありましたしね。
ヨーロッパのお金持ちとはスケールが違うな、と真剣に思いました。アラブの大富豪とはよく言ったものです。
U.A.E.(United Arab Emirates アラブ首長国連邦)は面白い!コンピューターやiPhoneが激安!!だって税金がない!! 大羨
ドバイには住めるな。と思いました。笑

それに比べてオマーンは、、、、
オマーンも産油国、プラス天然ガスもあり、十分お金があるので産業にも興味無し、工場誘致もしなーい。素朴〜な国といった印象を受けました。乳香が有名なので、唯一の産業といえば乳香販売?
多分
ただし、何十年住んでも絶対オマーン国籍は外国人には与えないそうです。
何故なら、学校、病院、医療費全部タダ。何とオマーン人には国が土地もくれるそうです(ガイド談)。
そういった恩恵を外国人に与えないために、何が何でも外国人は国籍は取れないらしいです。

(••••オマーンは別にどうでもいいや••••) ←心の声

今マスカットのホテルにいますけど、一応4つ星ホテルらしいんですけど、本当に4つ星なの?と思うんですけど、国と一緒で素朴です。
無料WiFiがあっただけ奇跡としましょう。笑
オマーンの町中歩いてても、WiFi全然飛んでないし。
一方U.A.E.はどこにいってもWiFiあり、エンターテイメント充実、買い物天国(やっぱりちょっとはまった)、U.A.E.のほうが楽しかった(要は都会好き)、U.A.E.万歳!!

今日は天気も良く、暑いので外ぶらついてもいいんですが、ここでは女性は自由きままな格好でほっつき歩けないので(服装で失敗しちゃった編は後日報告させていただきます。1回や2回じゃないドレスコード失敗編 苦笑)、現地通貨オマーンリアルはとうとう両替する事もなく終わったし両替する気もないので、おとなしくホテルにいることにします。

だって明日の飛行機、出発が朝の5時25分!
ホテル出発何時なんだろうか、、涙 ←まだ言われてない
U.A.E.、オマーンの唯一の欠点といえば、飛行機の離発着時間がとんでもない時間に設定してある事ですかねえ。
夜中の1時、2時、3時の離発着ですよ。周辺住民は成田みたいに騒音で暴動を起こさないんだろうか?
ま、夏の間は日中が暑すぎて(52℃、湿度100%)滑走路が溶けるから飛行機の離発着はやらない。というのは理解できますが、今は中東も冬です。もちろん寒くなどありませんが、滑走路が溶ける程の暑さじゃないから(25℃〜30℃くらい)冬の間は生活時間に合わせて飛行機の離発着をやってくれ。と願うのはわがままでしょうか、、、、?苦笑

でもま、総括するとドバイ及び中東は短い乗船期間でしたが、面白かったです!
文化もメンタリティも金持ち度も全然違う。

ゆっくりご報告させていただきますね〜。
まずはイタリアに帰らなくちゃ。笑

[PR]
by smilenory | 2014-01-13 19:50 | 私のひとりごと

気がつけばイタリア在住16年!イタリアのクルーズ船で働きながら、思ったことを綴っています
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31