a0287461_170555.jpg


ミュンヘンに降り立ちましたが、一面の雪化粧に降雪。
ここは完全に冬です。007.gif

さて、これからが長旅です。
釜山と日本は時差ないんですもんね。日本に行くのと同じ。
年寄りに長旅はきっついですねえ、、、苦笑

ではでは!!!
[PR]
by smilenory | 2012-10-28 16:55

行って参りま〜す

いよいよ明日の早朝に迫った出発。

とにかく荷物の重さに気を取られて、これはいらん、これもいらんと放出のデパートになっております。苦笑
多分40kgで収まると思うなり
服足りなかったら、現地調達じゃーってことで。
結局着物は持って行くことにしました。回復がめまぐるしいので、着れるであろうと。

クローゼットに吊るしておいた制服を出したら、スカートはぐちゃぐちゃ、ジャケットはカビが生えてました。驚
4ヶ月放っておくとこうなるのかっ!?

最後に家の大掃除をした後、アイロンかけです。涙

ではいつブログを更新できるか本当に白紙状態ですが、皆様また近いうちに!
ごきげんよう!
[PR]
by smilenory | 2012-10-27 21:22 | 私のひとりごと

バタバタ、、、、

昨日から会社より、本来なら乗船してから渡すドキュメントをスキャンして送れと言ってきてですね。
スキャナー持ってないんで向かいの店でスキャンしてもらってメールで送ったら、今度は医者のメディカルフォームを送れ、と。
しかも乗船前15日以内に医者が記入したもの
と書いてある。

そんなん今まで出したことないんですけどー?

血液検査とか便とか(失礼)心電図とかレントゲンとかは2年に1回やるのですが、それを今年新造船に乗船する前にやったので、あと2年は安泰だと思っていたのに!!
印刷室の友人に聞いたら、

「あら、毎回乗船ごとにこの医者に会社指定のフォームを記入してもらって、それから船乗り協会の病院に行かなくちゃいけないのよ。」

と言われ、なぬー自分とこのホームドクターだけでは済まんのかい?
とバタバタしております。

多分、去年の10月から私は欧州契約に変わったんですが、知らずに今まで来ちゃったと思われます。
乗船後は船上病院の看護婦がメディカルフォームを回収するんですが、何も言われなかったし、、、

ホームドクターは何とかなるでしょうが、船乗り協会病院(病気のドキュメントを閉めた時、もうここでお会いすることはないように祈りましょうと笑顔でみなさんとお別れしたのになー苦笑)は難しいかなあ。
最悪、韓国の船乗り協会の病院(あるんかいな)に駆け込むしかないな。

ともうヤケクソになっております。苦笑

Eチケットも届きましてね。
ジェノバ朝の6時25分のフライトです。
こんな早くから飛行機飛ばして、ジェノバの空港周辺住民は文句言わんのか!
とムカつくほど早いフライトです。涙
ミュンヘンを経由して釜山に到着が日付変わって朝の8時50分!
早く到着しすぎ!!乗船するのは翌日なのに〜
しかもしかも、まさかのドドイツ経由!
一生足を踏み入れることはないと確信していたのに〜〜

予想外の早期到着に、釜山の下調べ(自分用)もしなくちゃか?

こんな感じでバタバタです。

あとは何を買わなくちゃかな〜
シャンプーにリンスに〜

ああ、バタバタです。(T_T)
[PR]
by smilenory | 2012-10-25 03:44 | 私のひとりごと

プチ同窓会?

仲良くしてたクルー仲間が契約を終えてどんどん新造船から下船してきてですね。
その中でも印刷室の同僚(1人で船内新聞、朝•昼•夕食のメニューを7カ国語で作る才女です)は2年前に別の船で一緒に働いてからずっと仲良し、今回新造船で再び一緒に働き更に友情を深めたわけなんですが、その彼女が昨日半年ちょっとの乗船を終えて無事ベニスから帰還。
元々新造船を降りたらジェノバの本社で働くことが決まっていた彼女は、昨日ジェノバに帰ってきたばかりだというのに今日は面接のため本社に行くから、一緒に昼ご飯を食べようと約束していたので出かけてきました。

大のすし好きの彼女、ベニスの造船所暮らしの時は毎晩のようにメストレの中華レストランですしを食べに行ってた我々は、昼食は絶対すし食いねえに決めていました。笑

ハラペコ侍はとっとと食べたいがために写真が非常に雑です。
※先にお詫びいたします m(__)m

a0287461_6505066.jpg

寿司定食 豆腐のお味噌汁とてんこもりチャーハン、フルーツ付き

a0287461_6521389.jpg

写真撮るならマネージャー通してちょうだい! 笑

ジェノバ在住ではない新造船チームが2名が途中参加↓↓↓↓

a0287461_6571423.jpg


左から印刷室勤務の友人、船上病院の看護婦、レセプションスタッフというメンツです。
新造船ってことで会社が選りすぐった人材ゆえ、イタリア人にしておくにはもったいないほど非常に優秀な人達です。
褒め言葉です 一応 笑

ちなみにこのナースは、私に
「あなた下船することになったからね。」
と第一報をもたらしてくれた人物でもあります。笑
私がヤブ医者から話は全て聞いていると思っていたナース、私が驚愕して
「また、冗談でしょ?」
と言ったものだから、私は何にも知らないってことが分かって真っ青になり、慌てて医者のところに駆け込んだという、今となっては笑い話のエピソードがあったりしました。

いっつも船の上で会ってた人たちと地上で会うって、しかもお互い制服じゃない状態って最初は違和感があったものの、何だか別人みたいな印象で、新鮮でいいですねえ。

こういう友情が生まれるから、船で働くのは辞められないのかもしれない、、、、ははは
[PR]
by smilenory | 2012-10-24 07:07 | クルーズライフ

契約書が届きましてね。
あまり現場から離れると復帰の時に辛いから早いとこ現場復帰して、船の中歩いて運動しなきゃ。仕事のリズムも取り戻さないとね。
と自ら望んだ復帰なのに、いざ契約書が届くと

「あ〜仕事開始か〜」

と実感が沸き、3食インターネットし放題付きの極楽とんぼ生活ともお別れか。と悲しくなるから人間って本当、自分勝手な生き物よね。と自分で自分を突っ込こむ今日この頃です。苦笑

さておらが街に無事、私の乗船予定の船が到着したようでして。
別件で、おらが街に住む方が花火大会があると書いていらしたので、

「こんな時期に花火大会?完全に時期はずれでしょう???」

と不思議に思ったのですが、船のために開催された花火大会であることがうちの父からのメールで判明。
ありがとうございます 会社に代わって? 笑

ずっと前のことなんですけど、中国、日本クルーズを経験した同僚が、

「日本ってすごいんだよ! 各寄港地で日本の踊りとか、楽器(多分太鼓のことを指していると思われる)とかを港で披露して大歓迎してくれるの。ヨーロッパの港じゃそんなのないから感激した」

と興奮しながら熱く私に語るのを聞いて、そうか、日本の港は地元が熱烈歓迎してくれるんだ。と思ったものでしたが、おらが街も例外にあらず。
父曰く、当日は花火大会会場のほうに回されて入港時の誘導はできなかったものの、出港時は別船で誘導、最後は帽子を振ってお見送りしたとのことでした。
よかったよかった

ヨーロッパはそんなのないですからね。
ふつーに入港してふつーに出港。
味も素っ気もない

今までおらが街に寄港したクルーズ港は飛鳥2(飛鳥も寄港したんだ、とビックリ)の47,000トンが最高だったのが、今回は75,000トンと段違いで大きな船で度肝を抜かれた。
と父がメールに書いてきたので、そしたら私が乗ってた新造船(114,500トン)を見たら腰を抜かすか?
と思ったことでした。ぷぷぷ

さてさて残り少ない、心穏やかな日々を堪能したいと思っています。
荷造りもボチボチとね、、、涙 ←荷造り嫌い
[PR]
by smilenory | 2012-10-23 05:30 | クルーズライフ

栗拾いの成果

気持ちのいいお天気の日曜日。
そろそろ栗が採れてもバチは当たらんだろう。

ということで、その辺の山にバイクを飛ばして行って参りました。

ん?

a0287461_0241289.jpg


捨てられたキノコの山(多分毒キノコなのでしょう)を発見。
我々は栗拾いに来たのであってキノコ狩りに来た訳ではないので、ひたすら栗を探していると、、、

a0287461_026543.jpg

a0287461_027396.jpg

a0287461_059522.jpg

a0287461_101948.jpg

a0287461_112876.jpg

a0287461_1235.jpg

a0287461_124626.jpg

a0287461_132546.jpg

ちがうアングルから。キノコのチョコレートがけって感じ。手前は未熟の栗です
a0287461_145859.jpg

a0287461_16919.jpg


キノコ、キノコ、キノコ、、、、
どこもかしこもキノコだらけ。
栗はない 苦笑
採られてないから全部毒なんでしょうけど、見事な量のキノコでした。

それで、肝心の栗ですが、、、

a0287461_110151.jpg

ウケ狙いじゃないですよ

ははは、、、寂しい、、、、、、ジェノバの栗拾いはまだ時期が早いようです、、、、

おまけ

a0287461_1102630.jpg



ジェノバも紅葉してきましたよ♪
[PR]
by smilenory | 2012-10-22 00:44 | おでかけ

収集ヲタク

こんにちは〜

晴天の日曜日、これから栗拾いに行くつもりです。
しかし洗濯が終わらない、、、、
イタリアの洗濯機、時間かかりすぎ

さて昨日くらいから真剣に寄港地の情報をインターネットで探し始めましてね。
シンガポール、香港以外は行ったことない+シンガポール、香港だって10年以上前、シンガポールに至っては20代前半の頃に2回行ったきり、っつーことは20年以上前に行ったっつーことですから、どんな街だったかなんて忘却の彼方くんなわけです。
ほとんど記憶にありましぇん

ちょうどこちらで香港在住のブロガーさんが紹介されてたので、食べ物情報は私用にと(へへへ)しっかりブックマーク。
かー。でもでも香港に行くなら冬服持って行かなくちゃぢゃん。
とちょっと凹んだのですが、香港は亜熱帯に属するのでそんなに寒くない、と見ていいですよね?
ダウンとかハイネックとかババシャツはいらないですよね??
誰に質問してる? 笑

その他地図とか、街の情報とか、結構あちこちいくので調べるの大変。
航路がくるくる変わるんですよ。

ま、なんとかなるでしょう。

11月の頭には那覇に寄港しますんで、FB限定でせんだみつおのナハッナハッナハッポーズを載せたいなと思ってます。

大バカですね。苦笑

初めての沖縄、船で行くとは思わなかったなー。
ダイソーが近くにあるといいな。爆
でも日本円がありましぇん

嬉しかったのは、大先輩(リタイア)が過去自分が行ったことのある寄港地情報をびっしり書いて送ってくれたり、日本のエージェントの方なんですが親しくしてる方が25日、私が乗船する船が福岡に寄港するにあたりエージェントとして船内見学会をやるので、何か必要なものがあれば船に残して行きますよ。という人様の親切。
本当にありがたいです。しみじみとそのお心遣いが心に染みます。
日本人はいい人ですね〜。感涙

では、栗拾いに行ってきます〜
[PR]
by smilenory | 2012-10-21 20:01 | 私のひとりごと

吾輩は猫にあらず

うちの一人息子は、生後1カ月から我々と暮らしてるせいか、自分が猫である意識がないように思われます。

理由
1.他の猫を見ても反応しない
2.もうとっくにご飯食べたのに、我々が食事してると必ずねだりに来る

おねだりの顔
a0287461_18135834.jpg


真剣です 笑

人間にとっては栄養でも猫にとっては毒になる食材も多いので、魚とか鶏肉をシンプルにグリルしたものがメニューの時以外は絶対あげませんが、あげないと攻撃してきます (~_~;)
ふくらはぎとか噛まれる (⌒-⌒; )

そしてどうしても食材が得られないと分かると、観念して大嫌いなカリカリを食べに行きます。
なんでうちの子はカリカリが嫌いなんだろう、、、歯にもいいのに、、、

カリカリを補充すると必ず、トイレで砂をかける仕草を床にします。

何故? Σ(・□・;)
[PR]
by smilenory | 2012-10-20 18:02

本日、私の病気のドキュメントが船乗り協会病院によって閉められました。
これで公式に働ける身となりました♪

ついおざなりにしてしまった(苦笑)担当者に、
「公式に働けるようになりましたぜ!」
とメールをすぐ出したら、

「ぶらーば!! そしたらちょっとオフィスに顔出しにおいで」

と言われて、このドキュメントクローズの書面を会社に持って行かなければならなかったこともあって、担当者と今後の身の振り方(大げさ? 笑)を話し合ってきました。

当初の予定通り、28日にジェノバを出発、30日に釜山から乗船します。
ビビンバ必須、プルコギも?
ドバイからっつー話じゃなかったっけ?と担当者につっこんでみたところ、クロッシング(イタリアからドバイまで向かう航路で15日とか18日間の長いクルーズ)のときは日本人いないから。ってことで、私の後釜に入ってくれた、現在新造船に乗船中の後輩さんが非常に優秀なので、彼女を12月中旬から送ることにしたって言ってました。
ただどうしてもドバイに行きたいなら、東南アジアを1ヶ月ちょっとやって、それから船変えてドバイに行く?
と言われて、船変わるのは面倒くさいのでお断りしました。笑
一応、日本人の予約が1月16日まであるので、契約は1月16日まで。もし予約のお客様の数が増えたら、3月まで延長をお願いするかも。

1月で降りたらその後どっかのコースに行ってもらって、で5月から北欧•フィヨルドコースに乗船なんだそうです。

彼と直接仕事の話をすると、すごい先の予定まで決まるので面白いし、助かります。
計画たてられるんでね。

あれ? でも来年私は日本•中国•韓国クルーズに行くはずでわ?

ま、未踏の地に行けるのは大歓迎なので、よしとしよう。

私も相当イタリア人入ってますね、、、苦笑
[PR]
by smilenory | 2012-10-20 01:39 | 私のひとりごと

番外編@入院日記

早く書かなくちゃと思っていたのに、キノコ食べるのに夢中になって忘れてました。汗

どうでもいい番外編です。

私が入院した病院の病室って2人部屋だったんです。
私が入院した時は、イタリア人と結婚してるロシア語圏(多分カザキスタンとかその辺り)の女の子が前日に手術を終えて入院してました。
私の方が先に手術したから、と手術前の不安、手術当日、術後の様子などそれはそれは丁寧に教えてくれましてね。
外見もなんとな〜くですが、イタリア人と日本人のハーフっぽい顔してたので(でも多分カザキスタン人)余計好感がもてて、いろいろ不明な点を彼女に聞いてました。

彼女は私の手術の日に退院して行って、その後3日と半日は2人部屋を1人で使う、いわゆるツインシングルユース状態が続いてたんです。嬉

で。
日曜のお昼過ぎにイタリア人女子が彼氏を伴って、私の病室にやってきました。

どうでもいいんですが、彼氏が超かっこよくてですね。
イタリア人女子に大人気のガブリエル•ガルコにそっくり。

ガブリエル•ガルコをご存じない方へ↓↓↓

a0287461_626211.jpg


お昼にやってよさそうな、しょーもない三流メロドラマに主演して人気大爆発した方です。
が、ワイルド系は個人的には好みじゃないので、かっこいいとは思いますがファンではないです。
聞いてないっつってね

このガブリエルくんがまたいい人で、彼女のいいなりにあっちいったりこっちいったり、彼女の両親から電話が来て病院に着いたけど病棟が分からないってことで、彼を迎えに行かせたり。

対して彼女は、ドルチェ〜なタイプではなく、何でも自分でどんどん決めて進んで行くキャリアウーマン型女性。使うイタリア語も高度でガイコクジンには時々????と意思の疎通を図るのが難しい方でした。
非常に細い彼女だったのですが、病室に入ってくるなり椅子、テーブル、クローゼットと自分が触れるものを一斉に拭き始めたので相当なきれいずき、いや神経質さんだったと思われます。

入院日はダメですが、手術日は女性に限り病室で一泊していいことになっています。
男性を付き添いにする場合は、事前に病院に申請を出して且つ、同室者(この場合はアタチ)の許可が必要というのがルールだそうです。
私のときは、猫がいるんでアモーレに外泊してもらおうなどとは露にも思っていなかったので、付き添いはお願いしなかったのですが。

よくある、具合悪いときは周りの空気が重くなるくらいに悲痛を訴えるイタリア人、彼女もその例外ではない気がしたので、彼女が手術を受ける前の月曜日にとっとと退院したかったのです。
しかし執刀医が
「退院は明日ね。」
と私の願いが聞き入れられることもなく(涙)1日延びたので、今夜はゆっくり眠れないぞ。と意気消沈したのでした。

エエ、彼女は手術室から戻ってきたときから既に死にそうな形相、頭が痛い、吐き気がする、今でも出血してると訴え、家族を看護婦を走らせていました。苦笑
彼女は脂肪の塊がしこりになったブツが卵巣内から各内臓器官、肺にまで出来てたらしく、その除去にエライ時間をかけての手術だったそうです。
なので術後苦しいのも仕方ないので、国民性の違いを改めて感じながらも静観してました。
そしてまた夜中じゅう付き添いのお母様が病室内をあっちうろうろこっちうろうろ、娘だけの世話じゃ物足りないのか、私にまで暑いから毛布とりましょうか?とか、喉乾いてるならお水持ってきますよ。とか献身のお世話。苦笑
寝かせてくれ

時々目を覚ます娘と会話始めたり(午前2時とか3時とか)、この日の睡眠時間は2時間もなかった気がします。

この日ほど夜明けを待ちこがれた日はありませんでした。笑

今となってはもう、どーでもいい話なんですけどね。
朝の8時半には最後の検診も終わって、診断書もすぐもらって
「もうお家に帰っていいですよ」
と言われたときには心の中でガッツポーズ、スキップしたい気分で退院しましたとさ。

健康が一番、お家が一番です、はい。
[PR]
by smilenory | 2012-10-20 01:21 | 私のひとりごと

イタリア人夫と猫を家に残しクルーズ船で働きながら、思ったことを綴っています
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30