戻ってきました!

長いことご無沙汰しておりました。
先週の日曜日に大阪で下船して、関空に直結してるホテルで一泊してパリ経由で無事ジェノバに戻って参りました。
今回は9月中旬に下船のはずが、私の代わりがいないため代わりの人が来るまで。と26日も契約が延びたんです。今までは日本人のお客様がいないとお役目終了感が強かったのですが、役職が変わると責任も仕事も全然変わるんだなーって改めて痛感しました。半年と5日、ひたすら働き続けた契約でした。
色々書きたいことは山ほどあるのですけど、今日庭のオリーブを収穫したのでそれを。
a0287461_02180204.jpg

a0287461_02180332.jpg

これはタッジャスカと呼ばれる、各種あるオリーブの中でも格段に美味しいオリーブです。
上から2番目の写真の5倍は取れ、1リットルくらいオリーブオイルが作れるんじゃないの?と錯覚を起こすほどでした。笑
オリーブって隔年で実がなると思ってたんですけど(去年も大量に取れた記憶あり)、アモーレ母曰く、今年が豊作の年なんだそうです。去年はこの半分も取れてないと。

そして最大に楽しみにしていた栗。
庭にも落ちて来るし、裏の山に行くと笑いが止まらないほど栗が取れるんです。
が、数日前リグーリアをトルネードが襲い、栗の木は軒並倒れてしまっておりました。007.gif

それでも根性で拾った栗様
a0287461_02180449.jpg

毬栗がまだ緑のまま風で落とされたものなので、きっと美味しくないと思いますが、、、

船にいるときは毎日仕事で曜日を感じることはなく日々を過ごしてますが、下船して家に帰って来ると季節や曜日を感じられることが何より嬉しかったりします。
非日常な状態で数ヶ月過ごすと、なんでもないことに幸せを感じることができるのは、ありがたいことですね。

今回のドタバタ劇は、ぴあーのぴあーの更新していきたいと思っています。待っててくださいね。

[PR]
by smilenory | 2016-10-17 01:57

最後の4日間は、「史上初」有名なミュージシャンやDJを呼んでそれを見たいお客さんがクルーズを購入、コンサート・ディスコの日々という、私には関係も興味もないクルーズでした。
日本人のお客様も実は数名いらしたんですが、チャーター側からメニューも船内新聞も全て英語で。と言うリクエストだったため、時々船内をウロウロするものの、やっとホッと一息つけるクルーズと成りました。

ボロ船がデコレーションによってこんなに変わるんだな。と感心させられたものです。笑

a0287461_721482.jpg

船の中央ホールに吊るされたお魚さん
a0287461_725254.jpg

再びヤコブ君(スペイン人)。オフィスが一緒だったんでご飯食べたり一緒に出かけたりと今回はよくツルみました。
a0287461_765451.jpg

a0287461_745086.jpg

劇場です。一番大きなディスコに化しました。
a0287461_755789.jpg

珊瑚をあしらった装飾
a0287461_710734.jpg

これが本当の船のディスコ。古い船なんでディスコというより会議場というイメージが強いのに、装飾によって美しく変身しました

暇なはずのクルーズも実は落とし穴が待っていて、とにかく客層が若く世界中から来て酔っ払ってるので、クルーズカードの紛失その他が激しく、レセプションを手伝って欲しいと応援要請を受けました。
どれだけやれるかわからないけど、英語だけ喋ってればいいなら何とかなるか。と軽い気持ちでレセプションに立ったんですけれども、、、、
この若者達、特にエゲレスからのお客は英語の発音が良すぎる➕酔っ払いの域を超え完全な泥酔のため、何を言ってるのかさっぱり分からず。泥酔客が毎日、クルーズカードが見当たらないとレセプションに来ましたね。あとはカーニバルか⁇と勘違いするような仮装してる人や、上半身ハダカ、一番多かったのは靴を履いてない人たち。
もう目を見張るばかりの光景が広がっていたのでした。
本当は1時間だけでいいからね。と言われたレセプションへの応援要請が、蓋を開けてみるとこの酔っ払いさまたちでごった返しており、とてもとても1時間だけでは済まず結局延べ4時間お手伝いしました。

いやー私はレセプション向きの人間ではない。
とつくづく痛感した、いい機会になりました。
ってヨーロッパ路線に乗るならレセプション付けなのでやらなくちゃいけないんですけどね。
でもここまでの泥酔客はヨーロッパには居ないので、マシと言ったらマシ。

この方々が下船される日は、、、、、泥酔のため誰も朝起きておらず、下船の時間になってもほんのちょっとしか下船しておらず、部屋まで放送入れて、それはもう「叩き出した」という前代未聞のクルーズと成りました。笑
[PR]
by smilenory | 2016-02-13 09:28

滞在許可書その後

またもやご無沙汰しておりました。
気がつくと前回の更新から1ヶ月以上も経ってたんですね!
早い、早すぎる。
こうやってあっという間に老けて行くんだわ。とシミジミ思う今日この頃でございます。

さてこの1ヶ月間何をしてたかというと、、、
アッシーちゃん以外特に何もしておりませんが、超大事な滞在許可書を受け取りました!
これがないと仕事で日本に行けないからね〜

前回更新の手続きをした際に紙切れを渡されて
「これが番号ね。警察のサイトを見て滞在許可書が出来たかどうか確認して下さい。だいたい30日くらいかかります。」

と言われ、30日?そんなに待てるかいな〜、紙切れ渡されたその日からひたすら毎日、警察のサイトをチェックしてました。笑 ←バカ

そして3月初旬、私の滞在許可書が出来ましたと出た!

♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️

あーこれで主治医んとこ行って薬処方してもらえるわ〜
※滞在許可書が切れると保険証も切れるので、主治医ったら診察もしてくれなければ薬も処方してくれない
滞在許可書もらうまでは、アモーレの名前で処方箋書いてもらって凌ぎました。って おい

さて警察のサイトには、滞在許可書は出来上がってますが、いつ、何時にとりにくるのかはSMSにて知らせます。

と書いてありましたので、愛用のiPhoneを片時も離さない生活が始まりました。笑

1週間経過

ま、ローマからジェノバまで送られてくるのに時間かかるんだよね、仕方ない仕方ない

10日経過

いくらなんでも遅すぎやしねーか?
乗船前のメディカルチェックも保険証切れで全部ストップしてるんだし、滞在許可書貰ったらお役所回りしなくちゃいけないし、一刻でも早く欲しいんですけど!?

とアモーレに文句言ってたら、アモーレが警察に電話してくれました。
すいません


警察曰く、

外国人はしょっちゅう携帯の番号を変えるから、連絡の取り用がなく滞在許可書が渡せない。という事態が発生してるため、今はSMSは携帯に送っていない。警察の外に掲示板が出してあり、プライバシーの問題があるから、滞在許可書の引き取り番号と誕生日のみ書いてあるので、それで確認して、自分の番号があったら予約取って。

という方式であることを知らされる。

出た。

Welcome to Italy
この話を会社の担当者くんにしたら、こう言われた。笑

警察のサイトにはSMS送りますって書いてあるから、待っちゃうでしょー。
てか、番号変えるようなバカのことは放っておけ!
私なんかこんな最重要書類の受け取り期間に、警察に教えた携帯の番号変えるほどヤバい人間じゃなくてよ!
と、この話をアモーレから聞いてさまざまな思いが脳裏を交差しましたが、今そんなこと考えて
る場合じゃない。ジェノバ•チャリンコ部隊はとっととチャリンコをぶっ飛ばして警察へGO!

警察についてから、受付の婦警さんに掲示板の場所聞いて見に行きました。
バス停みたいな看板に貼付けてありました。
雑ですが、合格発表を見るみたいで、何か懐かしかったです。(嘘)

アルファベット順に国名、それから滞在許可書の受け取り番号、誕生日と記載されてました。
当然ですがAから始まってるので、ほーアルバニア人の更新人数すごいな。C チーナ(中国)もすごい数だ。えっと日本はGiapponeでGから始まるから、、、、、

ガーナ、グアテマラ、、、、、あれ?日本がない。

がーん

やっぱりまだジェノバに届いていないのかしら。
と絶望しつつ、いや最後にもう一回、注意深く見てみよう。と思ってみてると

あった!
合格! って違う 笑

数百人単位で更新してる国にくらべ、我が国日本は何と4人だけ!
でも4人もジェノバで滞在許可書更新する日本人がいるのかとも思った 笑
そしてありました、ありました、私の番号。
この合格発表の紙、3月6日更新と書いてある。
私が合格発表を見に行ったのは3月16日。10日も損したことになります。きー
ジェノバで滞在許可書更新する方いたら、ご注意くださいませね。

こんだけ文句言ってますが、受け取りは何と2日後、早い早い。
みーんな同じ時間に指定されているので、受け取り時間が近づくにつれ、すごい外国人の数が警察の前に、、、
なんか突然、第三諸国民になった気がして後ろめくなる。
何でだろう、、、、
さて時間になって滞在許可書受け取り番号の紙を見せながら順番に警察の中へと入って行きます。
入った後は、実はその時気がついたのですが、受取書には番号が振ってあり、この番号を読み上げて何番窓口まで来るようにとアナウンス入れるので、放送を注意して聞くように、必要書類は手に持って用意しておくようにというアナウンスが待合室で流れる。

私の番号は167だったので、2時間は固いな。と読んでおりました。
が、番号の呼び方が、1番から10番まで1番窓口。40番から48番は2番窓口。100番から110番までは3番窓口。というように、非常にランダム。
一体受け取りに何時間要するのか全然分からなかったです。笑

で、待つ事30分。私の番号が呼ばれたので、飛んで行きました。←この表現がピッタリ

飛んでもらった滞在許可書、期限はILLIMITATA、無期限でした〜!!!
きゃーこれで一生、悪さでもしない限り警察とは無縁!
私の滞在許可書は免許書タイプなので、パスポート番号などが記載されていません♥️
従来の紙の永住許可書だとパスポート番号が記載されているので、パスポートが変わるごとに更新しなければならないとかで、それとは違う更新の必要のない永住許可書を受け取る事ができて喜びもひとしお!

イタリア在住14年目、前回5年前の更新の時に永住許可書が取れるはずだったのに、ベルルのせいで期限付き5年のものになって、今回は嬉しい事にフィレンツェのマッテオくんが首相になってくれたから無事取れたよ〜
といろんな思いが浮かびました。笑

ILLIMITATAの文字が目に飛び込んで来た時は、思わずガッツポーズ!
受け取り待ちの外国人、びっくりして私を見る〜でも関係ないね〜

これで50%はイタリア人ですね。
あと残るは国籍取得。
ま、こちらはボチボチと、、、、、
[PR]
by smilenory | 2014-03-27 06:22

体張って守ります。笑

いきなりですが。

この方、どなたか分かります?笑

a0287461_0472315.jpg


海賊対策用24時間見張り番君(長い)です。
グルグルに縛られています。苦笑
ええ、マネキンですとも。
でも海賊には効果あるらしいです?(謎)

サボナを12月2日に出航して、ナポリ、ヘラクリオン(クレタ島)とふつーに航海を続けてきたのですが、スエズ運河に入る前から登場しました、この見張り番君は、船の先端、クルー専用エリアにあるクルービーチの入り口に置かれています(今も)。
スエズ運河からペルシャ湾って海賊が出やすい地域?
そのような内容を記載したお手紙もお客様に配られました。

しかし海賊がこんなクソでかいクルーズ船を狙うのかしら?

いろいろ思う事はあるものの(笑)、見張り番君の我々への仲間入りをクルー一同歓迎したのでした。
って大袈裟

去年も通ったんですが、一応最新のスエズ運河を。
a0287461_0521828.jpg

a0287461_0524663.jpg


スエズ運河を構築する際、地中海と紅海では高さが違うから無理。と反対意見が出ていたそうです。

同じ海なのに高さが違う、、、、???

これを解明できる人間が周りにいませんでした。どなたかお分かりの方いらっしゃいましたら、ご教授頂けると幸いです。笑

スエズ運河を通過して紅海に入ると、最初の寄港地がアカバ(ヨルダン)、そして次の寄港地がエイラート(イスラエル)。

エイラートでは停泊時間が短いからきっとエルサレムまでは行けまい。でも行きたくて前回行けなかった死海のツアーがある!
ということで、日本人のお客様の参加はたったの2名様でしたけど、念願の死海に行って参りました♡

死海の海底はこんな感じですの
a0287461_0583533.jpg



どんなことをしても浮くんです。塩分強すぎて魚が住まないから死海と言うらしいですが(ガイド談)、じゃどんなに塩分強いか試してみよー! とお客様と一緒に舐めてみたら、、、、

ビリビリ

しびれました。半端じゃない塩っからさです。これが目に入ったら最悪。気をつけなくちゃ
コンタクトレンズだし
浮力が半端じゃありませんので、腹這いになってもおしりがぽこーん。と浮いてしまうので、犬かきで泳ぐのがやっとです。一人欧米人の方がゴーグルつけて無理矢理泳いでましたけどね。
そこまでしなくてもね、という感じ

やっぱ好きだわ、イスラエル。また帰ってきたいわ、イスラエル。と後ろ髪引かれながらエイラート出航後は、4日連続の終日航海です。長いです。
長い長い4日間の終日航海を終え、着いたのはオマーンのサララという街。
乳香のメッカです。ここでは香水か乳香しか売ってないといっても過言ではないです。苦笑
でも4日間海の上でやっと地上に出れた喜びといったら、、、、

サララの街の様子など
a0287461_18522.jpg
a0287461_173056.jpg
a0287461_17493.jpg

↑最初の写真は乳香を入れる器です

オマーンスルタンの現国王の出身地なので、年のほとんどをここサララでお過ごしになっているとの事でした。

サララまで到着すると、あとはマスカット(オマーン)、フジャイラ(U.A.E)、アブダビ(U.A.E)と毎日寄港が続きます。

アブダビはまた別で詳しくご報告させていただきます。

そしてやっとのことでドバイとうちゃーーくうううううううーーーーー♪♪♪

a0287461_1132473.jpg

快晴です。
もっとも砂漠ですから、雨が降る事など年間10日から15日もないそうです。(羨)
夏は日中52℃まで上がり、湿度は100%なんだそうで(砂漠なのにそんなに湿度があるんだ、と驚)、とても外出できる状態ではないのでアラブの冬が最高の観光シーズンなのだそうです。
冬といっても、23℃とか、28℃とか本当に過ごしやすい気温でした。

さていくつかの船がドバイを訪れていますけれども、私が乗った船は今回初めてドバイ入港。
初めて入港すると、必ずセレモニーが行われます。

ドバイの歓迎セレモニー
a0287461_116259.jpg

このオバQな方々を見て、あーっアラブに足を踏み入れたんだなーっ!と実感しました。笑
単純でスミマソン

ドバイは免税国です。
ターミナルにはお土産やさん、両替屋さん、そして後に私を始めとして多くのクルーがお世話になる事になる(苦笑)電気屋さんがあります。
ドバイには行く前から友人、同僚から
「電化製品が安いから!危険よ〜!」
とは言われておりました。
iPhone5Cを買ったばかりの私はそんな謀反は起こさないと確信していました。

••••ドバイマジック••••

かかりましたね。苦笑
だってだってイタリアに比べると軽く200ユーロ以上安いんですもの〜
しかもイタリアじゃ未だ品薄だっていうのに、ドバイじゃあちらこちらの電気屋さんにiPhone5S、全カラー山積み状態。
狂林檎病に侵されている私が、買わない訳はありません。苦笑

っつーことで己の身分を顧みず、何とも贅沢なiPhone5S、5Cの保有者と相成りました。

※ちなみにドバイターミナルでのiPhone5S(16GB)の販売価格 499ユーロ
                   イタリアでの販売価格729ユーロ

ドバイ万歳!!(泣)
[PR]
by smilenory | 2014-01-23 01:27

カウントダウン

ご無沙汰しております!
あと7日で下船です!半年もイタリアを空けると、さすがに恋しいです。日本もアジアも堪能しました。来年までさよーならー。
現在は台湾にいます。チャーター終わって、中国人が戻ってきましたよ。その中に7人の侍じゃないけど、イタリア、スペイン、アメリカからの乗客もおり、チャイパワーに引いてらっしゃいます。苦笑
船内放送がマンダリン語しかやってなかったので、人種差別だ!と早速初日からイタちゃん切れてましたしね。当然です。
クルーには少しだけどヨーロッパからの乗客もいるし、中国人チャーターじゃないから、最低英語のアナウンス入れるように。と注意しながらも、船内催し物の言語チェックに明け暮れております。苦笑
ま、トータル1800人の乗客に対し、中国人客1700人ですもんね。仕方ないっちゃー仕方ないですが、、、、

積もる話はイタリアに戻ってから、じっくりアップいたします。今回も色々ございました。笑

ではでは。
[PR]
by smilenory | 2013-10-02 13:05

日本上陸決定!

ご無沙汰しております。
ジェノバの担当者くんからコンファームが来て、私の後釜さんも無事8月3日に乗船することになり、8月10日にコペンハーゲンで下船して日本に向かいます。
また地獄の日々が始まりますが、忙しいほうが好きだし、前回の反省点をしっかり踏まえて、今回いらっしゃるお客様にクルーズっていいものだなあ〜と感じて頂けるよう最善を尽くすのみです。

ってことで、あと1ヶ月ちょっとの北欧路線、楽しみたいと思います。

本日はノルウェー第2の都市・ベルゲンにおります。フィッシュマーケットで賑わっております。
a0287461_19202764.jpg

a0287461_19202935.jpg

うちのスタッフしっかり食ってるし、、、笑

覚悟していたとはいえ、やっぱ寒いですねえ。昨日なんかたったの7度しかありませんでした。今日も12度。夏でこの低温は暑いのが好きなので、余計凹みますね。
日本に行くことになって良かったかもしれません。001.gif

ではでは
[PR]
by smilenory | 2013-06-26 19:10

エストニアはタリンから

ご無沙汰しております。

1ヶ月も経ってないのに、日本からはるか離れたエストニアに降り立ちました。
a0287461_19365394.jpg


中世の街は非常に可愛らしいですよ。
普通の船乗りに戻り、落ち着いた生活を送っております。ヨーロッパからご乗船されるお客様の層もチャーターと全然違って平和です。苦笑

a0287461_19365555.jpg


こちらはノルウェーフィヨルド航海中の写真です。美しすぎる。この自然の美しさに心身とも癒されました。笑

a0287461_19365749.jpg


こちらは同じくノルウェーはガイランゲルフィヨルド。

物価が高くて何も買えませんが、自然を眺めて楽しみますよ〜。
どうも8月は再びチャーター要員として日本に送還されるみたいなので(涙)、北欧、バルト海、白夜(夜中の12時でもまだまだ明るい!!)を存分に満喫しまーす!

ではでは。
[PR]
by smilenory | 2013-06-10 19:18

成田から

ご無沙汰しております。

怒濤の日本人チャーターが本日、無事終了しました。
明日ヘルシンキに向けて出発するので、今日船から下船して成田のホテルにいます。

それにしても。
想像はしていましたが。
想像以上の地獄が待ち受けていたチャーターでした。
まず日本人クルーが十分じゃない。
私と後輩ちゃんで本来アニメーターがやるデモンストレーションやファッションショー、クイズ、イタリア語講座などを分担して司会する。
最初のチャーター2周は主にクルーズディレクター的仕事を私がやらせてもらって、劇場のショーの後のMC、フォーマルナイトでお客様に船長及びオフィサーを紹介する、フレンチの鉄人•坂井宏行氏(チャーター側が企画)が2周目に乗ってきて料理を作るというので、料理以外にもムッシュの希望でトークショーの司会など、普段絶対やれないことをやって、人前に出て話するのに抵抗がない自分に驚いたりしてましたね。笑
私の所属はエンターテイメントなんですが、普段は船内新聞作ったり、メニューの日本語訳したり、病院通訳とか困った時の問題解決人と、地味な仕事ばっかりなので今回のチャーターで初めて自分がエンターテイメント部に所属してるんだ、ということを激しく実感しました。

とにかく今回一番考えたのが、どうやってお客様との接点をはかるか。でした。
今まではオプショナルツアーに同行したり、レストランに行って様子を見たり、個別に話して親交を深める事ができましたが、今回は2200人!
同じ事はできません。
そうなると、もう何か面白い事を劇場のショーの終わりに言って、私という人間が皆様のために乗船してますよ。というのをアピールするしかない。
プラス、いつもはライブでやる乗船説明会も会場となる劇場がチャーターに抑えられてて使用できなかったので事前に録画して、船室のテレビで流していましたので、お客様は私を見ると
「あれ?どこかで見た事がある。あ、テレビに出てた人でしょ!?」
テレビと言っても、船の中だけのテレビなんですけどね。苦笑
と顔を売るのには一応成功しました。
クルーズの最後に配るアンケートに、
「吉本興業に転職したほうが、給料も今より格段にいいと思います。」
と書かれて大爆笑してしまったり、、、、
そんなに面白い事を言っているという自覚は本人は0
初のイタリア船の日本人チャーターってことで、結構テレビの取材も来てました。
私がビンゴ大会してるときに、テレビの撮影隊がいて、何!撮影が来るなんて聞いてないよ!知ってたら化粧くらいしてきたのにさ!
そんな時に限ってとっとと放送されてしまって、放映をみた友人から
「テレビに映ってたよ!思わずきゃーって叫んじゃった!」
と言われて、オーシニョーレ。なんてこともありました。

これはプラスの部分ですね。

しかし。
今回の客層には本当に参りました。
人の話は聞かない、船内新聞は読まない、都合のいいように解釈する、いいがかりをつける、天候が理由で遅れいるのに怒鳴りだしたり、劇場の席取りして他のお客様から顰蹙かって喧嘩になったり、フルートをベランダでカジノの中で吹いて、他のお客様のご迷惑になるからご遠慮ください、とお願いしたチャーター側のスタッフをフルートでなぐったり、、(これって警察沙汰ですよ)
「日本人ってこんなに質悪かったっけ?」
と心底唖然としてしまい、生まれて初めて自分が日本人であることを恥ずかしく思いました。
他国籍のクルーに本当に申し訳なくて、本当に心からごめんなさいと謝りましたね。
しかも、このどーしようもない類の方々が年配層に多いというのが殊更ショックでして。
難しい時代を生き抜いていらしたはずなのに、何故そうも自分中心で人様への思いやりというものをもてなくなってしまうのだろうか、と。
もちろん、いい方も多いです。
いや、いい方の方が90%を占めているんですが、だからこそ10%のどうしようもない類系が逆に目立ってしまったのかもしれません。

日本人は欧州人の中にいると本当に礼儀正しいし、人の話はよく聞いてくれるし、手がかからないんですが、日本人の中にいるとダメですね。本性だしまくりです。
チャーターだけど、イタリアの船なんだから、日本の国と同じってわけにはいかないんです。

何て言うんでしょうね、頭で考える事を辞めて、指示を待つだけ、しかしその指示が的確でなかった場合、何でだー!っていうの多かったですね。
例えば、出口の混雑を避けるために、まずオプショナルツアーに参加されるお客様を先に下船、その後何時何分に自由行動のお客様は下船していただけます、と案内した場合。
日本人は集合時間の30分以上前から来ますから、集合時間前には全員集合してるので、すぐ下船が開始できるので、とっとと下船が終了し、じゃあ、下船が早く終了したから自由行動のお客様には当初案内したお時間より早く下船していただけますよ。
これってベターチェンジだと思うのですが、時間を指定されたらピッタリじゃなきゃいけない。早くも遅くもあってはならないという固い信念を持っている日本人様たちは
「何で事前に案内があった時間と違うんだ!」
と切れられる。
良かれと思ってやったことなのに、逆に切れられるとは。

今回、本当に仕事の面でも精神面でも(愚痴を相当聞いてもらった)、そして最大にかばってくれて、且つこんなに頭が良くて行動が早くて学習能力のあるイタリア人なんて今までお会いした事ない。しかも何でも食う。美味しいといって食う。食は文化ですからね、抵抗なく受け入れる人は、私には尊敬に値しますわ。と感謝感心しまくりのクルーズディレクターがいてくれなかったら、私は過労と栄養失調でメディカル下船してたかもしれません。
3日何も食べてない、そもそも食べてないことに気がつかないほど常に仕事に追われ、体が10個くらい欲しかったです。
3ヶ月の休みで食べまくって飲みまくって蓄えがあったから食わず食わずの生活も全然問題ありませんでしたが、一気にがーっと痩せました。
船の生活は、いや日本人チャーターはダイエットには最適です。笑
ルームメイトでもあった後輩ちゃんが
「Gパン、ブカブカですよ!!」
と言われて、えーそんなに痩せたの私?と、これまた元来ガリガリだった後輩ちゃんは更に骨と皮だけになってしまい、私も含め、周りのクルーたちが真剣に心配してました。

ま、終わってしまえばそんな苦労も、今までやったことない表に出る仕事が面白くてやるだけのことはやった!という達成感が残って、結果良かったって思ってしまう単純人間だったりするんですけどね。笑

いい経験でした♡
[PR]
by smilenory | 2013-05-22 01:33

雨が降るクソ寒い中、自分でもおかしいんじゃね?と思いましたが、自転車で会社に行ってきました。
バスで行くには時間が遅すぎた

担当者は、アジアどうだった?というので、いやー2年も地中海にいたからアジアの寄港地が非常に新鮮だったし、同僚には恵まれて相当楽しかった、、、と忘れられない船の思い出を堰を切ったように話した後、早速本題に入りました。

1人は実は妊娠して今後船には乗らない
父親は誰!? まさかクルーではあるまいな??? って大きなお世話
1人はスペインに住んでるので、滞在許可書更新のため7月まで働けない
そんなに時間かかるのか
現在2人が地中海、1人がドバイ路線に乗ってて、契約が終わるのが今年の7月。

え?
そうなると、、、、

チャーターに行ける人がいないじゃないですか!

がーん

仕方ありませんからね、大きな希望を持ってやってくる我が日本のお客様達を路頭に迷わせる訳にはいきませんから、引き受けました。

でもでもでも担当者くん。
私は5月8日にサボナから乗船したいのよ?

と小さな抵抗を試みましたが、

「サボナからコペンハーゲンまでのポジショニングクルーズにわざわざ乗る必要ないよ。コペンから乗ればいいから」

と一蹴。涙

従いまして、私はチャーターが始まるちょっと前に釜山か済州島より今回下船した船に乗船し、4月29日からスタートするチャーターに2本乗って下船、下船のその日に飛行機乗ってヨーロッパトンボ帰りで5月16日にコペンハーゲンから元々乗船予定の船に乗船。

と相成りました。

orz

予想通りの展開で、私には悪い意味での透視能力があるのか?
そんな大げさなものではないが

と愕然としましたね。

担当者くんがコンピューターに私の乗船日、下船日、トランスファー日を入力していくのを見て
あー。と力が抜けて行くのを感じました。

ま、私も女ですからね、一度引き受けたからには日本のお客様のために、船では無理だけど人間がよかった。って言ってもらえるよう頑張ります。

しかし長旅と、また洗濯物手洗いしなくちゃか〜とクルーズとは全然関係ないことでガックリしていたりします。笑

ということで、日本在住でクルーズにも私にもご興味おありの方いらっしゃいましたら、是非いらしてください。お待ちしております。m(__)m
でもあの、船は古いのでクルーズ=豪華客船という間違ったイメージは是非完全払拭してからお超しになるのをお勧めいたします。爆
[PR]
by smilenory | 2013-01-24 17:49

a0287461_170555.jpg


ミュンヘンに降り立ちましたが、一面の雪化粧に降雪。
ここは完全に冬です。007.gif

さて、これからが長旅です。
釜山と日本は時差ないんですもんね。日本に行くのと同じ。
年寄りに長旅はきっついですねえ、、、苦笑

ではでは!!!
[PR]
by smilenory | 2012-10-28 16:55

気がつけばイタリア在住16年!イタリアのクルーズ船で働きながら、思ったことを綴っています
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30