抜糸

おととい退院したばかりだというのに、抜糸のために再び病院へ。

手術が人生初なら当然、抜糸も人生初。
幸いなことに、今まで縫わなきゃいけないような傷を負うことなく生きてきちゃったんですよ。笑

1時間くらい待たされて、やっと名前呼ばれました。
呼びに来てくれた先生が、若くてイケメン。

こんな感じ(クリソツではないですが、雰囲気が)

a0287461_23251113.jpg

趣味が違ったらごめんなさいね~

イケメンだなぁ、と思った瞬間に、ハッ! この先生がまさか抜糸してくれる?
この先生の前でパンツを下ろすの?

いや~ん
っつー歳でもないですが

はい、正解です。この若いイケメン先生が抜糸してくれました。涙

抜糸は全然痛くないよ~。とアモーレ、アモーレ父から聞いていたものの、抜糸が始まるとツネられるくらいの痛みはありました。

イケメン先生は
「痛くないよね?」

「ちょっと痛いです」
イケメン先生
「なーに、痛くない、痛くない」

と、自分で聞いておきながら、私の痛いという主張を聞こうとしねーし。笑
付き添いの看護婦さんも笑ってました。

ということで、今回の入院・手術で辛かったと思ったもののベスト3を発表!

1.体内清掃薬(これは不動の1位です)
2.ポテトピューレ
3. 抜糸

まさかのポテトピューレが2位になりました。
術前、術後の昼・夕食ずーっと食べ続けたのが敗因と思われます。
このままポテトピューレを食べないまま昇天しても、何の後悔もない。
と断言できるほど、いやです。笑


さて退院してから、自宅テラピーとして鉄のサプリメント30日と、血液循環をよくする注射14日が病院から言い渡されて昨日から実行しております。

海外生活でえ?と思うことの一つに、自分で注射。が挙げられます。
私が14日間打ち続ければならない注射はこれ↓

a0287461_2347234.jpg


薬が既に注射器の中に投入してあるので、一番使いやすいタイプ(アモーレ母談)ということなんですが。

んな、ヤクとかやったことないし、自分で注射なんてできない!!
とちょっと焦って看護婦さんに聞いてみたら、

「この注射は普通お腹にするものなんだけど、あなたお腹切ってるからダメ。腕にして下さい。腕だと一人で注射できないので、ご家族にヘルプしてもらって下さい。」

というシンプル回答。
病院に迎えに来てくれたアモーレ両親に、14日間毎日、注射を打たなくちゃいけない。アモーレは多分そんなのできないから、やってください、お願いします。毎日来るので、ついでにお昼ご飯も14日間毎日食べさせて下さい。←ずうずうしい

とお願いしたらすんなりOK。嬉
てか、まだご飯の仕度は無理なんで

早速昨日、アモーレ母に腕にぶすっと1本打ってもらいました。
ガソリンスタンドと一緒で、一度自分でやると何てことない事なんだなぁと、傍から見てて思いました。

が、一日経って。
アモーレ母に注射してもらったところが硬くなって痛みがあるんですよ。
看護婦さんに打ってもらった時は、こんなにならなかったのに???

で、この注射器、退院の時に14本分揃えられなかったとかで、抜糸の時に残りの分をナースセンターに取りに来て下さいと言われてたので取りに行ったとき、看護婦さんに上記の症状を訴えてみました。

「あーそれはね、薬を早く投入しすぎちゃったから起きたのね。ゆっくり入れると、大丈夫だから。」

ついでにどうやって注射を打つか。の基本をプロから直々・直伝してもらいました。笑
角度とか、腕の持ち方とか、、、あはは

そして今日から私の注射打ちは、アモーレの担当に変わりました。
「僕が夫なんだから、何でも僕がやる」

誰でもいいけど、後から硬くなって痛くならないようにちゃんと打ってね。
てことで看護婦さんの秘伝をアモーレに伝え、ぶすっと注射を打ってもらいました。

今のところ、腕に痛みはないです。
アモーレ曰く
「明日はもっと上手に打てるようになるから!」

笑 期待してます。
[PR]
by smilenory | 2012-09-28 00:00 | 私のひとりごと

イタリア人夫と猫を家に残しクルーズ船で働きながら、思ったことを綴っています
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31